月別アーカイブ: 4月 2015

IMG_0619 (1024x658)
director's voice | コメントをどうぞ

風の予感、始まります。

今年度の「工房からの風」出展作家の中から、
まず4人の作家をご紹介します。
ここ数年、恒例となった、5月、6月開催の
「風の予感」。

風の予感  vol.1
4/30(木)・5/1(金)・2(土)・3(日祝)
11:00〜18:00

zuca|革
千 sen|金属
yagate|木
ヤマジョウ|陶

今日、30日は、兵庫からzucaさん、大阪からsenさんがいらっしゃいます。

ヤマジョウさんは、5/2(土)・3(日祝)

yagateさんは、5/3(日祝)に在廊くださいます。

なぜか、今回偶さか工房名メインの活動の作家の方々で、
いささかちんぷんかんぷん?な表記ですが、
それぞれお一人ずつギャラリーにいらっしゃいます。

お名前でなくって、いきなり工房名だともしかすると、
なんとなく遠くに感じられてしまうかもですが、
いつもの「工房からの風」のよき親しみと変わらぬ雰囲気です。
新年な風の予感、ぜひ感じにいらしてください。

宇佐美が綴るgalleryらふとのブログに詳しくご案内があります。
→ click

(senさんのシャツボタン。銀のボタンなのです!)

追記ニュース
庭では、バラが咲き出しました!

•—‚Ì—Š´20131BK1
展覧会/らふと | 1件のコメント

はじまります、風の予感 vol.1

風の予感  vol.1
4/30(木)・5/1(金)・2(土)・3(日祝)
11:00〜18:00

zuca|革
千 sen|金属
yagate|木
ヤマジョウ|陶

○作者在廊日
zuca 4/30(木)
sen 4/30(木)
yagate 5/3(日祝)
yamajou 5/2(土)・3(日祝)

2015年「工房からの風」(10/17,18開催) の出展者が決まりました。
その中から、5月、6月と各4名ずつの作家の作品をご覧いただきます。

10月にそよぐ風をひとあし先に感じていただけるこの機会、
作家も在廊しますので、作品のこと、制作のことなどもお尋ねくださいましたら、
今年の工房からの風をよりお楽しみ戴けることと思います。
明日30日からいよいよvol.1の幕開けです。

■ zuca|革
バッグ、ポシェット、財布、カードケース、コインケース…
使い込むほどに艶と愛着の増す革の手縫い作品。

■ 千 sen|金属
真鍮を中心としたカトラリー、箸、プレート、菓子切り、建物金具、アクセサリー、ボタン…
「千」とは、いついつまでも使い受け継がれるように、「千年残るもの」という思いから。

■ yagate|木
木彫りのペンダント、根付、スプーン…
コクタン、エンジュ、ツゲなどから彫られた羽根、
アイヌに伝わる文様、木を鎖型に彫りだした鎖彫り、水晶などの石と合わせたペンダントも。

■ ヤマジョウ|陶
湯呑、皿、鉢、飯碗、徳利、猪口、小壺、ポット…
糠釉、飴釉、呉須、十草(植物のトクサの文様)などの和陶器を。
制作の拠点である長野県高遠は米どころ。
ゆえに日本酒を召し上がる方も多く、酒器に力を注がれていらっしゃいます。

明日30日は、革のzucaさん、金属の千sen さんが在廊です。
皆様のお越しをお待ちしております。

_MG_5387
庭日誌 | コメントをどうぞ

甘い花

27日は夏のような光の中での一日庭作業でした。
草も伸びてきましたし、花がら摘みに、苗の植え付けに…と作業はたくさんあります。

午後は実験的なことも。
ボリジ、ルッコラ、パンジー、チェリーセージなどのエディブルフラワーの砂糖漬けを作りました。

ボリジの花摘み。

ふさふさ茂り始めたミントやレモンバームの葉も。

卵白を塗る方法もあるそうですが、今回は、大野さんアドバイスのもと、
りんご漬けブランデー(果実の香りがふわりと。)をひと塗りして砂糖をまぶします。

これで2〜3日乾燥させて冷蔵庫へ。
紅茶やサイダーに浮かべたり、ケーキに添えたり、ゼリーや寒天や…
鮮やかな花の色に心も踊り、
作業をしながらさまざまなアイディアが飛び交う時間でした。

11164574_811800612229166_3780113568599779650_n
director's voice | コメントをどうぞ

祝受賞

今日はビッグニュースが飛び込んできました。

国展の工芸部で、最高賞の国画賞を、
2011年出展作家の下地康子さん(URIZUN)が受賞されました。

沖縄ご出身で、大学卒業後は服飾メーカーの生地企画に入社され、
ずっと糸とともにある人生を歩んでこられた下地さん。
個人作家としての仕事を柱にして間もなく、「工房からの風」に出展くださいました。

心に広がる色合い、風合いを、
鍛え蓄えられた技術を使って布に織り上げる下地さんならではの布。
こつこつと積み上げてこられたその仕事が認められたこと、
この場からも、心から祝福したいと思います。
ますます、心に響く布、織り上げてくださることと思います。

:::

平成26年度日本民藝館展-新作工藝公募展-でも、
奨励賞を箒の吉田慎司さん(まちづくり山上)と、
ガラスの平岩愛子さん(glass studio Rainbow Leaf)が受賞されました。
吉田さんは2011年、平岩さんは2013年に工房からの風に出展くださいました。
風のあとも、日々続けられるお仕事に対して、
よき句読点となるような祝福が与えられたこと、
あらためてお祝い申し上げます。

:::

工房からの風は、美術工芸団体のどこ系?でもありませんし、
毎年一期一会のゆかりで集った、作り手たち50人程が共にひらく野外展です。
その50人はある響きあうものを持った方たちですが、
決して一色ではなく、さまざまな志や、方向性を持っています。
その違いを豊かにまといながら、出展後も制作をつづけ、時に立ち止まり、
熟していかれます。

受賞はひとつの価値観ではありますが、
作家にとっては、大きな励みになることと思います。
下地さん、吉田さん、平岩さん、おめでとうございました。
そして、賞にかかわらず、ますます作家の方々がよき仕事を深められるように、
私たちもこの場を耕していきたいと思うのでした。

IMG_2922
プレス/らふと | コメントをどうぞ

鎮守の杜から 2015年4月版

本日 4月24日付、読売新聞夕刊の大野八生さん連載『鎮守の杜から』。

「野草が彩る庭の風景」として、春の野草の広がる様子が紹介されています。
野の花を庭で楽しむためにはこまめな手入れがポイントです。
イラストは、春の野の花とともに支柱の役割や種類について。
ぜひご覧下さいませ。

お弁当
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

4/23 発酵暮らしごはんの会-春のお弁当 ご参加の皆様

発酵暮らしごはんの会-春のお弁当
ご参加ご予約の皆様へ

4月23日(木) 寺田聡美さんによるワークショップ
「発酵暮らしごはんの会-春のお弁当」は予定通りに開催いたします。

フェンネルふさふさ、らふとにてお待ちしております。

kuronumatakatoshi005
director's voice | コメントをどうぞ

二年後の桜のもとで

ソメイヨシノが葉桜になり、八重さくらが満開となりました。
急ぎ、開ききっていない蕾を探して収穫。
桜茶や、アイスクリーム作りのために、塩漬けに。
庭人さんが、笑顔で収穫くださいました。

:::

春の草花は駆け足で開いていきますね。
クロヌマタカトシさんの個展の最終日から早10日。
白い時間、と名付けられた時間に、さくら色の光がかぶさって、
今も心の中に残像が揺らぐようです。

yukihiromatsuoka さんがフィルムで撮られた写真を送ってくださいました。

明け放った天窓から、はなびらがひらひらと入り込む
年に数日だけの祝福の日。
その光の中で、スウェーデンのHasselbladを構えて、じっくり作品と向き合って撮ってくださいました。

:::

クロヌマさんの個展では、作品をお選びいただきました皆様、
すべて最終日まで展示をさせていただき、ありがとうございました。

今回、お選びいただける作品が早々に少なくなり、
後半お越しいただいた方には申し訳ないようでしたが、
それでも、うまく言えないのですが、申し訳ない、、を超えて、
ご満足いただいた実感がありました。
ご希望の作品をお渡しすることは叶いませんでしたが、
お越しいただき、ご覧いただいたことへの感謝の気持ちのほうが
ずっと大きく感じられたのです。

それは、お越しくださった方々と作家の何かが、この場で響き、結び合ったからなのだと、
10日経った今、ようやく言葉にすることができました。
この時間にかかわってくださった方々が、作家をまた次に進ませていくのだと思います。

二年後の桜の季節、
二年後のクロヌマさんの作品とこの場でお会いいただきます。
はなのもとでの出会い、再会、心待ちにしています。

posypin_image150418
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

4/18 4月の花生けのブローチ ご参加の皆様

4月の花生けのブローチ-銀の月のポージーピンを作る
ご参加ご予約の皆様へ

4月18日(土) Anima uniさんによるワークショップ
「4月の花生けのブローチ-銀の月のポージーピンを作る」は予定通りに開催いたします。

八重桜ポンポン咲く、らふとにてお待ちしております。

•—‚Ì—Š´20131BK1
展覧会/らふと | コメントをどうぞ

風の予感 vol.1

galleryらふとは催事期間のみ開廊しております。
次回催事は…

風の予感  vol.1
4/30(木)・5/1(金)・2(土)・3(日祝)
11:00〜18:00

2015年の「工房からの風」の出展者が決まりました。
その中から、4名の作家の作品をご覧いただきます。

zuca|革
千 sen|金属
yagate|木
ヤマジョウ|陶

○作者在廊日
zuca 4/30(木)
sen 4/30(木)
yagate 5/3(日祝)
yamajou 5/2(土)・3(日祝)

shiroijikan
展覧会/らふと | コメントをどうぞ

白い時間 

「白い時間」
クロヌマタカトシ木彫展、終了しました。
お運びいただきました皆様、お心を寄せてくださいました皆様、
ありがとうございました。

〇作品をお選びいただきました皆様へのご案内〇
作品のお届けの準備を進めております。
お届けまで今しばらくお待ちくださいませ。

galleryらふと