月別アーカイブ: 10月 2017

_mg_6786a
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

らふとのワークショップ

galleryらふとは催事期間のみ開館となります。
11 月と12 月はワークショップを開きます。

– – – –

◉ご応募は、HPお問い合わせフォームから。

[ 受付期間 ]
第一次:10/28 (土) 10時 〜 30 (月) 12時 
この期間は、お一人様ひとつの催事のみ受付いたします。

応募多数の場合は抽選となります。
第二次:10/31 (火) 10時 〜
定員に空きのある催事は先着順に承ります。

10/30 15:00
第1次受付にお申込みいただきました皆様、ありがとうございました。
ご参加についてのメールをお送りさせていただきました。
未着の方がいらっしゃいましたらお問い合わせをお願いいたします。

– – – –

11/26 (日) 「リフ編みのオーナメント-白い雪」
講師:naal maal/はまや まい
第1回:10時〜13時   終了しました
第2回:14時半〜17時半 終了しました
定員 各回6名様 会費2500円 お茶菓子つき

snow3

服飾作家naal maal/はまやまいさんによるかぎ針編みワークショップ。
リフ編みとはトルコに伝わる編み方で、
星型の文様が連なりふかふかとした厚みと手触りが特徴です。
クリスマスに向けて、雪の結晶をイメージしたオーナメントを作ります。

・素材はオフホワイトのウール糸。サイズちがいで二つ編みます。
大/最大幅 約 11cm *コースターにもなります
小/最大幅 約 7.5cm

snow1

・手仕事の庭のミニハーブスワッグのプレゼントつきです。
オーナメントとあわせてお楽しみください。

■ 12/9 (土)・10 (日)・11(月)
「足踏み式機で織る、いろどりマフラー」
講師: nomama
定員 各回3名様 会費 5000円 お茶菓子つき

12/9(土)
第1回:10時〜13時   終了しました
第2回:14時半〜17時半 終了しました

12/10(日)
第1回:10時〜13時   終了しました
第2回:14時半〜17時半 終了しました
12/11(月)
第1回:10時〜13時   終了しました
第2回:14時半〜17時半 終了しました

_mg_5180

染織作家 nomamaさんと、足踏み式の機(はた)でミニマフラーを織ります。

_mg_5172

心地良いgalleryらふとの静けさの中で初冬のお庭を感じつつ
お家の中でもコートの中にもくるりと巻けるミニマフラーを織りましょう。

素材/ウール、ラムウール
大きさ/約18cm×約95cm (縮絨後 約15cm×約85cm)

お申込み時に、「日にち」「時間帯」の第1希望~第3希望までお書きください。
ご応募多数の場合は調整させていただくことがございます。
記入例 )
第1希望 12/9 (土) 第2回 1名
第2希望 12/10 (日) 第2回 1名
第3希望 12/10 (日) 第1回 1名

■ 12/16(土) 「クリスマスのしたく − 手仕事の庭のハーブを添えて」
講師: 大野八生 (イラストレーター・ガーデナー)
第1回:10時〜13時   受付終了しました
第2回:14時半〜17時半 受付終了しました
定員 各回10名様 会費 4000円 お茶菓子つき

冬の気配を感じたら、クリスマスのしたくを始めましょう。
大野さんセレクトの植物と合わせて、
手仕事の庭の藤蔓をベースに、ローズマリーなどのハーブ、
綿の実や木の実を添えたクリスマスリースを作ります。

– – –

◉ご応募は、HPお問い合わせフォームから。
◉全て大人向けワークショップとさせていただきます。
また、小さなスペースでの開催となるため、
大人・お子さま共にご見学をお受けすることができません。
ご理解とご了承の程、何卒お願いいたします。
◉定員に満たなかった場合、開催を見送ることがございます。予めご了承くださいませ。

[ 受付期間 ]
第一次:10/28 (土) 10時 〜 30(月) 12時 
この期間は、お一人様ひとつの催事のみ受付いたします。

応募多数の場合は抽選となります。
第二次:10/31 (火) 10時 〜
定員に空きのある催事は先着順に承ります。

IMG_4978
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

らふとのワークショップ11月-12月

第15回 工房からの風は15日をもちまして終了しました。
お足もとの悪いなかご来場をくださいました皆様、
お心を寄せてくださいました皆様、ありがとうございました。

galleryらふとは催事期間のみ開館となります。
11 月と12 月はワークショップを開きます。

11/26 (日)
「リフ編みのオーナメント − 白い雪」

講師:naal maal/はまや まい

■ 12/9 (土)・10 (日)・11(月)
「足踏み式機で織る
いろどりマフラー」
講師: nomama

■ 12/16(土)
「クリスマスのしたく − 手仕事の庭のハーブを添えて」
講師: 大野八生 (イラストレーター・ガーデナー)

受付は、10/28 (土) よりスタートいたします。
近日中に詳細ご案内をいたします。
しばらくお待ちくださいませ。

azukibean2
庭日誌 | コメントをどうぞ

小豆

azukibean2

台風一過。
手仕事の庭の植物たちはなんとかもちこたえて、庭のつよさを感じました。
皆様のお住まいの地域や、皆様のお庭はご無事でしたでしょうか。

この長雨でだめになってしまったのではないかと心配になって
小豆の莢をいくつか開いてみました。
ぽろぽろ、ころん。
きれいなお豆さんが出てきました。
残りの莢は、またよく晴れた日に収穫しましょう。

ぶどう摘みもそろそろです。

IMG_2281
director's voice | コメントをどうぞ

チャリティーの風

ニッケでは、天災によって被害にあわれた方々へ、
芸術文化をもってお役に立ちたいと、
公益社団法人企業メセナ協議会のGBFund
(ジービーファンド、G:芸術、B:文化、F:復興/ファンド)
に2011年より、皆様のご協力をいただきまがら、
寄付を続けています。

「工房からの風」の際には、「チャリティーの風」と称して、
出展作家の方有志から、作品をご提供いただき、
1500円以上のご寄付と引き換えさせていただいています。

IMG_2281

これは、アトリエ倭さんのオリジナル!
ふた物になっています!
どなたのお手元にいったのかしら?

たくさんたくさんご協賛いただきました。

IMG_2253

ほんの一部。
これらを組み合わせたりして、今回は95袋お作り出来ました。
当日はくじを引いていただき、その番号の袋をお持ちいただきました。

ご協賛いただきました作家は以下の方々です。
(順不同・敬称略)

青人窯 阿部有希 木村悠希
小泉すなお 坪井俊憲 比呂
古谷朱里 yukie sinbasi
りら 菊田佳代 さこうゆうこ
田井将博 津波古亜希 津村里佳
渡辺真由美 熊川栄司 田澤祐介
フレル Labolatory・oto
石川恵美子 uiny by nakamurayui
小島亜伊 橋本瞳 水野麻弥
望月若子 ako hiroshige
kielo* chichi 豊田陽子
ひつじ小屋  ATELIER YAUYAU
Felt making Sawori works
加藤キナ kegoya ふたつぼし
フクシマアズサ 空想製本屋
Lila’s Candle アトリエ倭
Anima uni 大野七実 菅原博之
瀬川辰馬 吉田慎司 Ohama
岡野達也 川崎千明 勢司恵美
永盛千賀 森友見子 谷田貝陵子
nomama   RIRI TEXTILE

ひと口1500円以上のご寄付をお願いしましたところ、
148,100円が集まりました。
この全額に、図録冊子「風50+」の売り上げより21700円を足して
169800円をGBFundへ寄付させていただきます。
http://www.mecenat.or.jp/gbfund/

ご協賛くださいました作家の方々。
お買い上げくださいましたお客様。
ご協力を誠にありがとうございました!

IMG_2257 (800x600)
director's voice | コメントをどうぞ

ご来場ありがとうございました。

第15回工房からの風、終了いたしました。
お足下のわるい中、たくさんのご来場をいただき、
心より御礼申し上げます。

お客様とのお話しの中で、アンケートやSNSなどで、
雨を肯定的にとらえてくださるお声が多かったことに驚き、
励まされました。
雨でいつもと違った工房からの風とお庭を楽しめた!
などとまで(涙
そのように感じてくださる方々が集うから、
あのなんとも言えない幸福な空気感が会場に満ちるのですね。
・・・ありがとうございます。

「工房からの風」を構成している粒子の中には、
来場者の方々の想いがたっぷりと含まれている。
そんなことを感じた二日間でした。

+++

次回第16回工房からの風は
2018年10月13日14日の土日となります。

一次募集
2017年12月1日(金)~12月20日(水)
最大25工房までを確定予定です。
年内に応募者へ結果発表をいたします。
-11月はじめにHPで詳細を公開します。

二次募集
2018年3月10日(土)~3月30日(金)
ここで計50工房の出展を確定します。
4月上旬に応募者へ結果発表をいたします。

出会いの磁力を高めたい。
「工房からの風」が目指している展覧会の姿です。
よき作り手として、ものづくりを継続していきたい作家。
応募をぜひご検討ください。

IMG_0659 (800x501)
director's voice | コメントをどうぞ

3つの感動+

初日、あけました。

週末の雨情報のまま、金曜日は雨。
初日も朝はずいぶん降っていましたが、
10時の開始前にはやんで、傘が要らない空に。
開催時間中、小さな雨粒が何度がありましたが、
傘をさすほどでもなく、
お客様に会場内をゆっくりご覧いただけました。

IMG_0659 (800x501)

雨予報、そして朝方の雨。
にもかかわらず、これほどのお客様に恵まれたことの驚き、感動。

出展作家の方々が、準備時間から誰一人気持ちを沈めず、
きらっきらの笑顔で、今の精一杯の作品を見ていただこうという気概に感動。

そして、手前味噌ながら、ぬかるみや水除けなどの重労働を、
ぐんぐん解消すべくきびきびと立ち働く
風人さんたちとニッケコルトンプラザのスタッフの動きに感動でした。

たくさんのご来場を本当にありがとうございます。

二日目日曜、最終日。
早朝の予報では、朝の雨があがって曇りになるようになっていますが、
秋の空、わかりませんね。
お足元はけっしてよくはありませんが、
精一杯整え、作家、主催者力を合わせて皆様のご来場をお待ちしております。

:::

アンケート用紙、拝読しました。
「しっとりとしたお庭に癒されました」
というような、お庭の草花へのコメントを通して、
応援いただくようなメッセージをたくさんいただきました(涙

そして、ご来場者数は晴天の昨年よりは幾らか少なかったはずなのに、
昨年以上に作品をお選びいただいておりました。

驚きと感謝の+でした。

IMG_7043
皆様へのお知らせ/らふと | コメントをどうぞ

庭の駅から

まもなく皆様とお目にかかれますね。
本日10時より、お待ちしております。

庭の駅から少しご案内を。

bouquet10

いつもご好評いただいている秋いろブーケ。

sachet

今年は新たなアイテムがいくつか。
こちらはサシェです。
お庭のラベンダーを、らふとのカタチで包みました。
枕元でリラックス。
クローゼットやバッグにはもちろん、
ジャケットの胸ポケットにも!(すてき)

大野八生さんの「ハーブを楽しむえほん」に出てくるモイストポプリも新作です。
庭のハーブとお塩を混ぜてしばらく熟成させて瓶詰めにしました。
瓶の蓋をあけて香りを楽しんだり、お茶パックなどにいれてバスソルトにどうぞ。
※食用ではありません

IMG_7043

てぬぐいも新しい柄になりました。
工房からの風に集う「手しごと」と「手」をモチーフに
大野さんにイラストを描いていただきました。

定番のミックスシード(2017ブレンド)や、
ドライハーブミックス、ラベンダー、藍のブーケなども。
お庭の恵みをお楽しみください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
director's voice | コメントをどうぞ

羊を数えて

もう寝なくてはいけないのですけど、
ぐっときてこらえられなくなってしまって書いています。
なので、これはほんのつぶやきです。

「風50+」の掲載作家の方々が、
ブログやインスタやフェイスブックやツィッターで、
工房からの風について、熱く書いてくださっています。
そして、締めにはこんな風に。
「ぜひ、お出かけください」
とか
「どうぞよろしくお願いします」
なんて。

今回の出展作家でもないのに。
我がこととして捉えてくださっている。

私が気づいただけでも
下地康子さん fb
成田理俊さん インスタ
富井貴志さん ブログ
立川博章さん インスタ
松塚裕子さん インスタ
波多野裕子さん ツィッター
いわもとあきこさん fb
高見由香さん ブログ
濱野太郎さん fb
鈴木有紀子さん ブログ
にしむらあきこさん インスタ
クロヌマタカトシさん ブログ

真剣に、まっすぐに、書いてくださっていて、
じーーんです。
(検索でお訪ねいただけましたら)

リンク、今は時間的にできませんが、
ここに書いてくださったようなことが、
これからもここで出会う作り手の方々と結べますように。

ささやかな一滴であっても、この図録冊子を作るような気持ちで、
これからのことも作りたいとあらためて。

IMG_7043

そうそう、スタッフが「庭の駅」の情報もアップしてくれていました。
→ click

sachet

では、ひとまず、羊を数えて、おやすみなさい。
そして、起きたら、お会いできますように。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_2270
director's voice | コメントをどうぞ

明日開催

前日の準備、ばっちり行いました。

雨が降ったりやんだり。
私はもちろん、風人さん(出展経験作家で運営に加わってくださる方々)、
庭人さん、時には濡れながらも、足場の確認、テントの修正、
前日搬入の方々のサポート、あれやこれや、もうフル回転で働きました。

たのしいぃーー。
実は朝には、お天気を恨めしく思ったり。
でも、みんなでぐんぐん会場を作っていたら、
何とも言えない幸福感に包まれていました。
なんだかんだで30人以上がいましたけれど、
みんな笑顔ばかり。

雨が降っても来て下さる方は、
ほんとうに楽しみにしてくださっている方々ですから、
絶対満足していただきたいよねー。
と、チーム風!惜しみなく準備を進められて、大満足であります。
(私たちが先に満足してしまってすみません)

というわけで、お足下ご不自由をおかけするかもしれませんが、
ぜひ、工房からの風、お出かけくださいませ。
出展作家50名、風人さんたち20名の本気の作品、
きらっきらでお待ちしています。

:::

お庭の様子がみたいわーーーっと風の便りに伺ったので、
今日の手仕事の庭から。

IMG_2262

IMG_2259

IMG_2260

シュウメイギクも見ごろ。
名残の桔梗も。

IMG_2270

庭の駅では、大野八生さん&庭人さんセレクトのブーケや、
ミニ盆栽、種、などの販売も。
(ブーケづくりの芳香が漂い、なんとも幸せな庭でした)

IMG_2276

ブーケ。
やよいさんの水切りという贅沢。(持ちが違うのです)

:::

もうひとつのサービスショット。

IMG_2268

苺のパレード(点灯式)のために、風人さんたちが、
各素材で苺を作ってくださいました。
ど、どれもかわいい!

そして、ケーキのボディーを作るべくSさんに
女性軍があーでもない、こーでもないと、注文をつけまくり。
Sさん、ありがとうございました!

:::

IMG_2274

:::

では、もろもろ最終準備に戻ります。
14日、15日。
爽やかな笑顔が満ちる空間となって、皆様をお迎えいたします。
ご来場をお待ち申し上げております。
       director 稲垣早苗

22448471_1250162465088562_4947462731916348206_n
director's voice | コメントをどうぞ

トキニワカフェ

ニッケ鎮守の杜では、地元の方を中心とした
「庭人」さんというボランティアさんたちが、
このお庭づくりに携わってくださっています。

皆さんとってもすてきな方々で、
ハーブに詳しい方、お料理が上手な方、
グリーンフィンガーズな方、力持ちの方(笑
なにより、このお庭を愛してくださるお気持ちが美しくって
私たちスタッフ一同、感謝と誇りのかたまりに思っています。

その庭人さんたち有志によるトキニワカフェ。
すっかり恒例になりました。

さくっとですが、メニューをお知らせします。

drink
・ らふとハーブブレンド紅茶
お庭のハーブを絶妙にブレンドした自信作!
・ つめたい水出しほうじ茶

sweets
Patisserie MiA  飲み物とセット 700円

・ ヘーゼルナッツとフランボワーズのバターケーキ
バターケーキ1

・ フランボワーズとハーブのシフォンケーキ
フランボシフォン

COURDUROY  飲み物とセット 600円

・ 木いちごあんぱん
木いちごあんぱん

・ 木いちごのフォカッチャ
フォカッチャ

らふと茶菓部 飲み物とセット 600円

・ 夏みかんとミントのパウンド
夏みかんとミントのパウンド

・ 栗の渋皮煮とクルミのパウンド
栗の渋皮煮とクルミのパウンド

15回展ということで、1(いち)5(ご)。
そこで、いちごにちなんで木苺( ラズベリー(英語)、 フランボワーズ(フランス語))
でのケーキやパンも考案くださいました。

手仕事の庭の花壇を見ながらのお席。
ちょっとお天気が不安ではありますが、小腹が喜ぶひとときを!