2015年6月の記事一覧

「展覧会/らふと」New

2015626Y
プレス/らふと | コメントをどうぞ

鎮守の杜から 2015年6月版

6月26日付、読売新聞夕刊の大野八生さん連載『鎮守の杜から』。

「自分だけの花を描く」と題して、
5月の大野さんのワークショップ「庭の小さな生き物と植物を描く」の様子が記事になっています。
初夏の光まぶしい、庭の光景がよみがえってくる様です。
「描く」ということは、「たくさん見る」ということですから、
やはり描くことにより植物とぐっと近くなれるように思いました。

梅の収穫の写真も。
今年は15kgほどの収穫となりました。

IMG_3233_s
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

6/27 ”やさしい革” で作る巾着ポーチご参加の皆様へ

6月27日(土)
園田明子(sonor)さんによるワークショップ
「”やさしい革” で作る巾着ポーチ」は予定通りに開催いたします。

空高く、高く、ひまわり咲く、らふとにてお待ちしております。

_MG_6230
展覧会/らふと | コメントをどうぞ

風の予感から、工房からの風へ

今年度工房からの風出展者による展覧会『風の予感』、終了しました。
お運びくださいました皆様、ありがとうございました。
今年の工房からの風の『予感』、感じていただけましたでしょうか。

第13回 工房からの風 craft in action は、
10/17(土)・18(日)
ニッケコルトンプラザ屋外会場にて開催いたします。


galleryらふとは催事期間のみ開館となります。
6月と8月は、ワークショップを。
8月のワークショップのご案内はしばらくお待ちくださいませ。

_MG_6248
展覧会/らふと | コメントをどうぞ

風の予感 vol.2 明日14日まで

風の予感 vol.2
最終日 6/14(日)
11:00〜18:00

SŌK 鈴木絵里加|陶 装身具
服部謙二郎|染織
三浦侑子|ガラス
väli 水野久美子|金属・糸 装身具

かぼちゃの形が大好き、というガラスの三浦侑子さん。
坊ちゃんかぼちゃ、小菊かぼちゃ、そうめんかぼちゃ、会津早生…などなど8品種。
まるで収穫祭のようです。
泡が入ったグラスは、冷たいドリンクに。
これからの季節、梅ジュースなどいいですね。
小ぶりなグラスはデザートカップにも。

染織家の服部謙二郎さん。
植物で染めた絹ならではの色鮮やかさと、しっとりした風合い。
爽やかな格子、シックな縞。経糸に双糸を用いたストールも。

SŌK 鈴木絵里加さん。
釉薬により1点1点ことなる色味や表情を選ぶ楽しみのある器。

väli 水野久美子さん。
日本刺繍に使われる細い糸をかぎ針で編み、金属と合わせた装身具。

明日14日は、väli 水野久美子さんが在廊くださいます。
写真は本日の水野さん。
案内状の写真のネックレスと、天然石ネックレスとを合わせた装い。

庭はあじさいも咲きました。
風の予感最終日、皆様のお越しをお待ちしております。

yokan151
展覧会/らふと | コメントをどうぞ

風の予感 vol.2 第2週目明日から

風の予感 vol.2
第2週 6/13(土)・14(日)
11:00〜18:00

SŌK 鈴木絵里加|陶 装身具
服部謙二郎|染織
三浦侑子|ガラス
väli 水野久美子|金属・糸 装身具

明日13日は、väli 水野久美子さんが在廊くださいます。

庭ではラベンダーが風に揺れ、綿の芽がすくすくと育っています。

6/27(土)開催の sonor 園田明子さんによる、
革のポーチ作りワークショップのご参加者様募集中です。
お問い合わせフォーム、または、ギャラリーらふと店頭にてお申込み承ります。

yokan151
展覧会/らふと | コメントをどうぞ

風の予感 vol.2 開催中

風の予感 vol.2
開催中~6/7(日)・13(土)・14(日)
11:00〜18:00

SŌK 鈴木絵里加|陶 装身具
服部謙二郎|染織
三浦侑子|ガラス
väli 水野久美子|金属・糸 装身具

明日7日は、SŌK 鈴木絵里加さんが在廊くださいます。

ラベンダーの花も見頃を迎えました。


6/8(月)~12(金)は、休廊となります。


6/27(土)開催の sonor 園田明子さんによる、
革のポーチ作りワークショップのご参加者様募集中です。
お問い合わせフォーム、または、ギャラリーらふと店頭にてお申込み承ります。

_MG_6003
展覧会/らふと | コメントをどうぞ

風の予感 vol.2  始まります

風の予感 vol.2
6/6(土)・7(日)・13(土)・14(日)
11:00〜18:00

2015年の「工房からの風」の出展者が決まりました。
その中から、4名の作家の作品をご覧いただきます。
明日、6/6より、いよいよ開催です。

SŌK 鈴木絵里加|陶 装身具
服部謙二郎|染織
三浦侑子|ガラス
väli 水野久美子|金属・糸 装身具

○作者在廊日
SŌK  6/7(日)
hattori 6/6(土)
miura  6/6(土)
väli   6/13(土)・14(日)

■SŌK 鈴木絵里加|陶 装身具
陶のピアス、イヤリング、豆皿、鉢、盃、花器など

■服部謙二郎|染織
植物染め手織り絹ストール、裂き織りコースターなど

■三浦侑子|ガラス
りんごやかぼちゃなどのオブジェ皿、グラス、ボトル、ボウル、花器など

■väli 水野久美子|金属・糸 装身具
手編みのシルク糸、金属、パールや天然石を合わせたネックレス、ピアス、イヤリング、ブレスレットなど

明日、6/6は染織の服部謙二郎さん、ガラスの三浦侑子さんが在廊くださいます。
今年の工房からの風を、いち早く。
皆様のお越しをお待ちしております。


6/27(土)開催の sonor 園田明子さんによる、
革のポーチ作りワークショップのご参加者様募集中です。
お問い合わせフォーム、または、ギャラリーらふと店頭にてお申込み承ります。

IMG_3233_s
ワークショップ/らふと | 3件のコメント

革のポーチ作りワークショップ

らふと、6月のワークショップ、受付中です。

6/27(土) 『”やさしい革” で作る巾着ポーチ』
講師:園田明子(sonor)
第1回:10時半〜13時  受付終了しました
第2回:14時半〜17時  受付終了しました
定員 各回8名様 会費 3800円
季節のお茶菓子付き

今年度工房からの風出展者、園田明子さんによるワークショップ。
植物タンニンでなめした墨田区産のエコレザーピッグスキンの巾着を手縫いで作ります。
ピッグスキン(豚革)は適度な弾力としなやかさをあわせもつ質感が特徴です。
環境に配慮して作られた天然の革であることから、
エコレザーピッグスキンのことを”やさしい革”と表現しています。
やさしい革に触れ、やさしい革のお話を伺いながら、楽しく手仕事をする時間をご一緒しましょう。

○ 巾着の大きさ 約14cm×14cm
小物を持ち運ぶのに嬉しいサイズです。
手に触れる程に艶が出てくることも革作品を使う喜びのひとつ。

○ 4色の革から1色を事前にお選びいただきます。
(巾着の口をとめる革のパーツは、当日お好きな色をお選びいただきます)
※クリックして大きなサイズでご覧ください。
尚、モニターの環境により色味が多少変わって見える場合があります

写真右上から左回りに…
#1 キャメル
#2 グリーン
#3 ワインレッド
#4 パープルグレー

○ご応募は、HP お申し込みフォームから承ります。
○定員に満たなかった場合、開催を見送ることがございます。予めご了承ください。
(最低催行人数 各5名様)
○大人向けのワークショップになります。

[ 受付期間 ]
第一次 : 6/3(水)10時〜4(木)18時  第一次受付終了しました
応募多数の場合は抽選となります。
※第一次ご応募期間が短くなっております。
第二次 : 6/5(金)10時〜 受付中です
定員に空きのある場合は先着順に承ります。