2020年7月の記事一覧

「展覧会/らふと」New

12716ai
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

つなぐ、藍の生葉染め

7月18日、藍の生葉染めワークショップを開催しました。

雨天にも関わらず、皆様お元気な笑顔でご参加いただけましたこと、
心より嬉しく、感謝申し上げます。


藍の葉をミキサーにかけて漉した染め液をつくり、
シルクスカーフをムラなく染まるように動かし続けます。
真っ白なスカーフが10分もたつと翡翠色に。
染め液から出し、空気に触れると(酸化)、爽やかな水色にかわっていきます。


木々の間でふんわりはためく、生葉染めスカーフ。午後の会で。

2003年から続いてきた藍の生葉染めのワークショップ。
この夏もつなげることができました。

今年の春先の種まきのことをよく覚えています。
春分の日を少し過ぎた頃。
その日は大野さんと庭人さんとの庭仕事の日で、あたたかく、種まき日和。
いつもよりちょっと早いけれど…と冬の間かけていた稲わらをはずし、
畝を立てて(庭人さんたちの畝立ての手早さと美しさといったら!)、
藍、綿、ムギワラナデシコ、ポピー、春菊など、たくさんの種をまきました。
そして週二日、かわるがわる水撒きをして、観察をして、芽吹きを一緒に喜んで。

ほどなくして庭をしばらく閉じることとなりました。
種をまいた時には想像もしていなかったこと。
あの種まき日和があって、季節の庭の営みが途切れずに、今も続いています。
ゆっくり育った藍は茎も太く、葉も大きく。

藍の生葉染め、この夏もう一度開催できたらと思っておりますが、
状況をみて、開催が決まりましたらご案内いたします。

IMG_8865
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

7/18 藍の生葉染めご参加の皆様へ

7/18(土)
藍の生葉染め ご参加ご予約の皆様
明日のワークショップは予定通り開催いたします。

SUM1

雨の時間帯もあるかもしれません。
テントをご用意していますが、
ご心配な方はレインコートなど雨具をお持ちください。

皆様のお越しをお待ちしております。
どうぞお気をつけておでかけくださいませ。