2016年6月の記事一覧

「開館日のお知らせ/らふと」New

lemonnohana
展覧会/らふと | コメントをどうぞ

そして工房からの風へ

5月から続いた「風の予感」は本日で終了しました。
ご来館くださいました皆様、
お心を寄せてくださいました皆様、ありがとうございました。

今年の工房からの風は 10月15日(土)・16(日)の二日間。
出展作家、風人作家、企画主催者、ともに、10月に向けて船を進めてまいります。

らふとは催事期間のみ開廊となります。

7月には毎年恒例、ニッケ鎮守の杜で育った藍の生葉染め、
9月には工房からの風プレイベントワークショップをらふとにて、
また、冊子「風の音」の発行も予定しています。
随時ホームページでご案内をいたしますので、ぜひご覧いただき、おでかけくださいませ。
折々お目にかかれますことを楽しみにしております。

_MG_9390
展覧会/らふと | コメントをどうぞ

風の予感 vol.2 明日から

明日4日より、「風の予感vol.2」を開きます。

6/4 (土)・5 (日)・11 (土)・12 (日)
11:00〜18:00

色葉工房 庄子葉子|染織
金城貴史|木
瀬川辰馬|陶磁
pupila カミツレ 小出仁美|装身具
momoendo 遠藤 桃|金属

作者在廊日
6/4(土)   pupila カミツレ 小出仁美  / momoendo 遠藤 桃
6/5(日)   色葉工房 庄子葉子
6/11(土)   金城貴史 / 瀬川辰馬

◯ 色葉工房 庄子葉子|
染め手織ストール、ブローチ、コースター…

_MG_9378

_MG_9377

◯ 金城貴史|
山桜、やしゃぶし、楓、栗、朴…さまざまな樹種のジャム匙、漆仕上げの匙

_MG_9398

_MG_9375

◯ 瀬川辰馬|陶磁
皿、カップ、ボウル、花器、ポット

_MG_9390

_MG_9359 _MG_9358

◯ pupila カミツレ 小出仁美|
木、布、ビーズを組み合わせたブローチやピアス

_MG_9383 _MG_9395

◯ momoendo 遠藤 桃|
シルバー/真鍮 ネックレス、ピアス、ブローチ、バングル

_MG_9392

_MG_9368

_MG_9371

Eat a jewel . 宝の石をいただきます!

初日の明日は、pupila カミツレ 小出仁美さんと、
momoendo 遠藤 桃さんが在廊くださいます。

庭ではラベンダーの花が咲きはじめました。
ガウラが風に遊び、フェンネルもふさふさ。
秋の風を予感させる作品とともに、初夏の庭散策もぜひごゆっくりお楽しみください。

〇 5/22(日)音色の紙ワークショップご参加の皆様へ
にしむらさんが、予定よりはやく完成パネルをお届けくださいました。
明日4日より店頭にてお引き渡しを開始いたします。
ご都合にあわせてのご来場をお待ちしております。

yokan162
展覧会/らふと | コメントをどうぞ

風の予感 vol.2

風の予感 vol.2
2016.6 / 4 (土)・5 (日)・1 1 (土)・1 2 (日)

yokan162

2016年の「工房からの風」の出展者が決まりました。
その中から、5名の作家の作品をご覧いただきます。

色葉工房 庄子葉子|染織
金城貴史|木
瀬川辰馬|陶磁
pupila カミツレ 小出仁美|装身具
momoendo 遠藤 桃|金属

〇作者在廊日
irohakoubou  6/5(日)
kinjo 6/11(土)
segawa  6/11(土)
pupila kamiture 6/4(土)
momoendo 6/4(土)

_MG_8886
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

風の予感

風の予感vol.1は本日8日にて終了しました。
お運びくださいました皆様、お心を寄せてくださいました皆様、
ありがとうございました。
風の予感は6月へと続きます。

今後の催事予定

◆ワークショップ
5/22(日)にしむらあきこ和紙造形ワークショップ
音色の紙-手すき和紙の壁飾り

◆展覧会
風の予感 vol.2
2016.6 / 4 (土)・5 (日)・1 1 (土)・1 2 (日)

yokan162

2016年の「工房からの風」の出展者が決まりました。
その中から、5名の作家の作品をご覧いただきます。

色葉工房 庄子葉子|染織
金城貴史|木
瀬川辰馬|陶磁
pupila カミツレ 小出仁美|装身具
momoendo 遠藤 桃|金属

〇作者在廊日
irohakoubou  6/5(日)
kinjo 6/11(土)
segawa  6/11(土)
pupila kamiture 6/4(土)
momoendo 6/4(土)

IMG_0036 (800x531)
展覧会/らふと | コメントをどうぞ

風の予感 vol.1 明日5日から

yokan16-11

風の予感 vol.1
2016.5 / 5 (木祝)・6 (金)・7 (土)・8 (日)
11:00~18:00

2016年の「工房からの風」の出展者が決まりました。
その中から、5名の作家の作品をご覧いただきます。

岡野達也|木
田中友紀|金属
nagamori chika|染織
フジタマリ|木
モノエ 尾上耕太|陶磁

明日初日は染織のnagamori chikaさんが在廊くださいます。
展示の様子は director’s voice  をご覧ください。

http://www.kouboukaranokaze.jp/d-voice/4631/

〇作者在廊日 
okano 5/8(日)
tanaka 5/8(日)
nagamori 5/5(木祝)・8(日)
fujita 5/8(日)
monoe 5/8(日)

IMG_2459
ワークショップ/らふと | 2件のコメント

初夏のワークショップ

深呼吸、すぅ、ミントの香り。
目には鮮やかなチェリーセージの花。
青葉の木々を飛び交う鳥たちの歌。

爽やかな風渡るgalleryらふとで、手仕事のひとときをご一緒しませんか。
和紙造形、手織布ともに、”色と遊ぶ”二日間です。

○ご応募は、HPお申し込みフォームから承ります。
○すべて大人向けのワークショップになります。

[ 受付期間 ] 
第一次 : 4/30 (土)10時~5/2 (月)12時
この期間は、お一人様ひとつの催事のみ受付いたします。
応募多数の場合は抽選となります。

第二次 : 5/3 (火祝)10時~
定員に空きのある催事は先着順に承ります。
(複数の催事へのお申し込みも承ります。)

———————————————————————–

■5/22 (日) 「音色の紙 − 手漉き和紙の壁飾り」 
講師:にしむらあきこ(和紙造形作家)
第1回:10時~13時 →受付終了しました
第2回:14時半~17時半 →受付終了しました
定員 各回8名 会費 3800円+送料

IMG_2459

和紙造形作品・絵本を制作するにしむらあきこさんのワークショップを開きます。
2015年工房からの風で木立の中の展示ブース、風に揺れるモビールなどが
印象に残っている方も多くいらっしゃることでしょう。

『和紙造形とは、伝統的な和紙漉きを応用して、
絵を描くように紙を漉く制作方法のことです。
水の流れや、色のまじわり、かさなり。繊維の複雑なテクスチャや、
操れるようで操れない水の流れが魅力的なアート表現です。』
(にしむらあきこさんのホームページより)

にしむらさんの漉く紙を想うとき、「音色」という言葉が浮かんできます。
画面いっぱいに奏でられるメロディ、リズム。
静かなささやきや、心の音もうつしているようで。
そして豊かな色彩。
初夏の庭で、にしむらさんとみなさまと一緒に音色の紙が漉けたらと。

IMG_2434

今回のワークショップでは、
コウゾや木材由来のパルプなどからつくられた紙の素を
赤、青、黄に染めた基本の原色と生成りの白を混ぜて、
色をつくる(調色)ことも楽しみます。
ニッケ鎮守の杜で育てたコウゾも一部使用します。

IMG_2440

イメージにあわせてつくった型をあて、紙の素をすこしずつ流します。

IMG_2442

制作中、ぽたぽたと雫の音。耳を澄ませてみましょう。

漉いた和紙はお預かりしてワークショップ後、
にしむらさんがインテリアパネルに仕立て、完成作品を6月中旬にお届けします。

・パネル仕上がりサイズ  約9cm角
・お届けにはレターパックを使用します。別途送料 510円を頂戴いたします。
・6/11(土)・12(日) 開催中の展覧会、風の予感vol.2 にてお手渡しも承ります。
ワークショップ当日に受け取り方法をお選びいただきます。
店頭受け取りの場合の送料はいただきません。

■6/18 (土) 「いろどりの布 − 初夏の庭」 
講師:nomama(手織布作家)
第1回:10時~13時
→定員に達しました。キャンセル待ちのみ承ります。
第2回:14時半~17時半
→定員に達しました。キャンセル待ちのみ承ります。
定員 各回6名 会費 3500円

_MG_4854

ニッケ鎮守の杜の季節を通してnomamaさんと布を織る「いろどりの布」の会、
第2シーズンです。
夏のいろどりの布はリネン(フランス/ベルギー産)糸を用いて
テーブルで活躍するコースターを2枚、卓上機で織ります。

_MG_4866

さらりとした手触りが特徴のリネン。
吸水性がよく乾きやすく、夏のテーブルにおすすめのコースターです。
ぜひグラスに合わせてお使いください。
仕上がりサイズ 約6.5cm角
追加で制作を希望する方は、別途料金にて制作いただけます。

夏の庭をイメージした色の糸をnomamaさんがご用意くださいます。

6月は、ハーブや木々の青葉の緑、あじさいの水色、やすらぐ香りのラベンダー色、
矢車菊のブルーやピンク、チェリーセージの鮮やかな赤、
などなどが印象的な色でしょうか。

———————————————————————–

○ご応募は、HP お申し込みフォームから承ります。
○すべて大人向けのワークショップになります。
○定員に満たなかった場合、開催を見送ることがございます。予めご了承ください。

[ 受付期間 ]
第一次 : 4/30 (土)10時~5/2 (月)12時
この期間は、お一人様ひとつの催事のみ受付いたします。
応募多数の場合は抽選となります。
第二次 : 5/3 (火祝)10時~
定員に空きのある催事は先着順に承ります。
(複数の催事へのお申し込みも承ります。)

yokan16-11
展覧会/らふと | コメントをどうぞ

風の予感 vol.1

yokan16-11

風の予感 vol.1
2016.5 / 5 (木祝)・6 (金)・7 (土)・8 (日)
11:00~18:00

2016年の「工房からの風」の出展者が決まりました。
その中から、5名の作家の作品をご覧いただきます。

岡野達也|木
田中友紀|金属
nagamori chika|染織
フジタマリ|木
モノエ   尾上耕太|陶磁

〇作者在廊日 
okano  5/8(日)
tanaka 5/8(日)
nagamori 5/5(木祝)・8(日)
fujita 5/8(日)
monoe 5/8(日)

hikarihikaru410
展覧会/らふと | コメントをどうぞ

ありがとうございました

hikarihikaru410

ひかりひかる
Anima uni 金工展

4/10(日)にて終了いたしました。
お運びくださいました皆様、お心を寄せてくださいました皆様、
ありがとうございました。

P4100467 P4100494

2週目は桜の花びらがほろほろとらふとにも吹き寄せて、
一年に一度、この季節だけの。

P4100473

Anima uniさんの印象的なことば。
この展覧会のすべてを表していた様に思います。

galleryらふとは催事期間のみ開廊となります。
今後の催事は‥

4 /24(日)
大野八生さんによる装画ワークショップ
http://www.kouboukaranokaze.jp/raft/workshop02/4530/

yokan16-11

風の予感 vol.1
2016.5 / 5 (木祝)・6 (金)・7 (土)・8 (日)

2016年の「工房からの風」の出展者が決まりました。
その中から、5名の作家の作品をご覧いただきます。

岡野達也|木
田中友紀|金属
nagamori chika|染織
フジタマリ|木
モノエ   尾上耕太|陶磁

hikarihikaru
展覧会/らふと | 1件のコメント

ひかりひかる Anima uni 金工展

ひかりひかる
Anima uni 金工展
2016.4 / 1 (金)・2 (土)・3 (日)・9 (土)・10(日)
11:00-18:00
さくらさくらさくらふとにて

hikarihikaru

そこふかく降りてゆくと
しずかな光景がひらけている

こぷこぷと涌きいずる

つぷつぷ弾ける

ふうわり舞い降りる
はな
ひかりの輪踊

流れだす
ゆるやかに水脈となりて
とうめいなままひたひたと
海原へかえってゆく

Anima uni

—–

Anima uni って、どういう意味?
と尋ねてみた
旅先の夢に出てきた印象的な言葉
後になって、たましいひとつ
というラテン語だと知りました、と

2012年の工房からの風で出会ってから、
トコトコ電車に揺られ、
何度この庭を訪ねてくれたことでしょう
かがみこんで木の実や小枝を探す姿
ベンチに座り込んでスケッチブックを開く姿
木漏れ日に紛れて深呼吸をする姿

ちいさきもの きえゆくもの
ささやかなもののなかに
ああ、このひとは何かをみている

そんな瞬間を重ねた庭の中
さくらひかる季節に
ギャラリーの扉を開きます

sanae inagaki

—–

○ 全日作者在廊いたします
○ 大野八生さんとのコラボレーション「unini」ブローチも出品されます
○ 4/4(月)~8(金)は休廊となります

hikarihikaru
展覧会/らふと | コメントをどうぞ

ひかりひかる Anima uni 金工展

galleryらふとは、催事期間のみ開廊しております。

ひかりひかる
Anima uni 金工展
2016.4 / 1 (金)・2 (土)・3 (日)・9 (土)・10(日)
11:00-18:00
さくらさくらさくらふとにて

hikarihikaru

そこふかく降りてゆくと
しずかな光景がひらけている

こぷこぷと涌きいずる

つぷつぷ弾ける

ふうわり舞い降りる
はな
ひかりの輪踊

流れだす
ゆるやかに水脈となりて
とうめいなままひたひたと
海原へかえってゆく

Anima uni

—–

Anima uni って、どういう意味?
と尋ねてみた
旅先の夢に出てきた印象的な言葉
後になって、たましいひとつ
というラテン語だと知りました、と

2012年の工房からの風で出会ってから、
トコトコ電車に揺られ、
何度この庭を訪ねてくれたことでしょう
かがみこんで木の実や小枝を探す姿
ベンチに座り込んでスケッチブックを開く姿
木漏れ日に紛れて深呼吸をする姿

ちいさきもの きえゆくもの
ささやかなもののなかに
ああ、このひとは何かをみている

そんな瞬間を重ねた庭の中
さくらひかる季節に
ギャラリーの扉を開きます

sanae inagaki

—–

○ 全日作者在廊いたします
○ 大野八生さんとのコラボレーション「unini」ブローチも出品されます
○ 4/4(月)~8(金)は休廊となります