2013年6月の記事一覧

「ワークショップ/らふと」New

0623aroma
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

らふとの6月

展覧会『風の予感vol.2』、終了しました。
ご来館をいただきました皆様、
お心にとめてくださいました皆様、ありがとうございました。
今年度の『工房からの風』を感じていただけましたでしょうか。
第11回『工房からの風』は10月12日(土)・13日(日)の開催となります。
秋空のもとでの再会をどうぞお楽しみに。


galleryらふとは、催事期間のみの開廊となります。

6月はアロマセラピスト原真紀さんによるワークショップを開催します。
現在、第2回(午後の部)でのお申込みを承ります。

■6/22(土)
『日々のアロマ in 手仕事の庭-
 アロマジェルとハンドトリートメント』
講師:原真紀(AEAJ認定アロマセラピスト)
第1回:10時半~13時 →受付終了しました 
第2回:14時半~17時 →受付終了しました 
定員 各回8名 会費 3000円


 
ハーブ薫る6月の手仕事の庭にて、
お好みのエッセンシャルオイルとフローラルウォーターをブレンドした、
夏向きのすっきりアロマジェルを作ります。

ジェルを使ったハンドトリートメントレッスンも。
*お持ち帰りアロマジェル約20g。
*妊娠中の方は、アロマの種類によって、お体に強すぎる影響が出る場合があります。


大人対象とさせていただきます。
ご応募は、お申し込みフォームから、お待ちしております。

_MG_7349
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

発酵暮らしごはんの会を開催しました

千葉県神崎町で340年続く自然酒蔵元寺田本家・寺田聡美さんによる
麹・甘酒・酒粕料理教室、
発酵暮らしごはんの会 昼の部と夕の部を開催しました。

寺田本家はお米作りにはじまり、
その稲につく麹菌を育て、自然のままに昔ながらの酒造りをしておられます。

寺田聡美さんは、酒粕や麹を穀物や野菜と合わせて美味しく体にとりいれられる料理を、
日々の食事作りを通して研究され、レシピ発表をなさっています。
今回は近著「麹・甘酒・酒粕の発酵ごはん」からの、アレンジメニューを考えてくださいました。

ごはん、フォカッチャ、煮込み、サラダ + 甘酒デザートor甘酒ドリンクなどなど…
盛りだくさん。
いずれも酒粕、麹が使われており「お米」と「野菜」をたくさん食べましたね。

高温多湿の日本で生き抜く知恵が発酵食品であり、
お米のチカラは持久力に通じるというお話が印象的でした。


酒種酵母のフォカッチャは、外はカリッと、中はモチモチ。
摘みたてローズマリーをトッピングしました。


もちきびとグリンピースのピラフを土鍋で炊きあげます。(昼の部)


甘味噌おいなりさんは、らふと仕込み味噌を使いました。(夕の部)
お揚げを煮る時は、きれいな放射状に鍋に並べると味が均一にしみこむのですね。


できあがり!

また詳しくレポートいたします。どうぞお楽しみに!

IMG_1268
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

5/25 発酵暮らしごはんの会ご参加の皆様へ

gaellryらふとワークショップ
発酵暮らしごはんの会 ご参加ご予約の皆様へ

5月25日(土)、寺田聡美さんによるワークショップ
『発酵暮らしごはんの会』を予定通りに実施いたします。

器もさまざま、ご用意しました。
庭のオレガノやローズマリーも元気です。
書籍や寺田本家さんのお酒の販売もいたします。
どうぞお楽しみに。

みどりの庭にて、お待ちしております。

尚、当ワークショップは定員に達しております。
ご了承くださいませ。

20060409105500
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

5/25開催 『発酵暮らしごはんの会』

麹・酒粕料理研究家、寺田聡美さんの料理教室のご案内です。
お申込みをいただきありがとうございます。
定員となりましたので受付を終了させていただきます。(5/23 追記)

■5/25(土)
「発酵暮らしごはんの会」
講師:寺田聡美(寺田本家/千葉県神崎町)
第1回(昼の部):10時半~13時半 →定員に達しました
第2回(夕の部):15時~18時 →定員に達しました
定員 各回10名 会費 3800円

寺田聡美さんは、
千葉県神崎(こうざき)町で340年続く酒蔵・寺田本家に生まれ育ち、
自然の理に適って、高温多湿の日本で発達した知恵が詰まった発酵料理を
現代向けにアレンジしてレシピ発表をなさっています。
その料理は、味わい深く、親しみやすく、体も心も喜ぶ健やかごはん。
発酵のチカラで素材の旨味も栄養価も増し、
体に取り入れやすくなるのです。

これまでの工房からの風でも、寺田本家さんのブースはいつも大賑わいでしたね。

今回は、最新刊『麹・甘酒・酒粕の発酵ごはん』(PHP研究所)からの
レシピを、お話を交えながら教えていただきます。
和洋中バリエーションも豊かに、当日のメニューがこちらです!

〈昼の部〉
・酒粕ラタトゥイユ
・甘酒バンバンジーだれのサラダ
・酒粕フォカッチャ
・炊き込みごはん
・けんちん汁
・甘酒シャーベット

〈夕の部〉
・酒粕ラタトゥイユ
・甘酒バンバンジーだれのサラダ
・酒粕フォカッチャ
・しば漬け
・甘みそおいなりさん
・自然酒五人娘のマイグルト割り
(アルコール以外にもお飲物をご用意いたします)

らふと仕込み味噌(発酵食品の代表ですね)や、
手仕事の庭で育てたローズマリー、オレガノ、ローリエなども
お使いいただきますよ。
もちろん寺田本家のお酒、酒粕、書籍も販売いたします。
※メニューは ” 予定 ” となります。

ご応募は、お申し込みフォームから。

麹も酒粕もお米から。
この機会にぜひ、お米の恵みたっぷりの発酵暮らしごはんをご一緒しませんか。

0623aroma
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

らふと初夏のワークショップ

らふと、初夏のワークショップ受付中です。
お申し込みフォームよりご応募お待ちしております。
(詳しいお申し込み方法は、下記をご覧下さい)

■5/25(土)
「発酵暮らしごはんの会」
講師:寺田聡美(寺田本家/千葉県神崎町)
第1回(昼の部):10時半~13時半 →受付終了しました
第2回(夕の部):15時~18時 →受付終了しました
定員 各回10名 会費 3800円

千葉県神崎町の自然酒蔵元寺田本家・寺田聡美さんの料理教室です。
麹・酒粕料理研究家の寺田さんのごはんは、
味わい深く、親しみやすく、体も心も喜ぶ健やかごはん。
近著『麹・甘酒・酒粕の発酵ごはん』(PHP研究所)から、 
昼の部は昼食メニュー、夕の部は夕食メニューを教えていただきます。

以前の寺田さんの料理教室では酒粕ディップが登場。
蓋をあけたら、発酵のチカラがぎゅっと詰まったディップが飛び出ました。

■6/22(土)
『日々のアロマ in 手仕事の庭-
 アロマジェルとハンドトリートメント』
講師:原真紀(AEAJ認定アロマセラピスト)
第1回:10時半~13時 →受付終了しました
第2回:14時半~17時 →受付終了しました
定員 各回8名 会費 3000円


 
ハーブ薫る6月の手仕事の庭にて、
お好みのエッセンシャルオイルとフローラルウォーターをブレンドした、
夏向きのすっきりアロマジェルを作ります。

ジェルを使ったハンドトリートメントレッスンも。
*お持ち帰りアロマジェル約20g。
*妊娠中の方は、アロマの種類によって、お体に強すぎる影響が出る場合があります。


全て大人対象とさせていただきます。
ご応募は、お申し込みフォームから。

[受付期間]
第一次:4/29(月祝)10時~5/1(水)15時
この期間は、お一人様ひとつの催事のみ受付いたします。
先着順ではありません。応募多数の場合は抽選。
第二次:5/2(木)10時~ 受付中です
定員に空きのある催事は先着順に承ります。
(複数の催事へのお申し込みも承ります)

sg4274
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

スモールガーデンを作ろう 開催しました

大野八生さんのワークショップ、
スモールガーデンを作ろう、を開催しました。

大野さんセレクトの苗木は、お茶の木、さんざし、藤、ヒメザクロ、
コウライネムノキ、カラタチ雲竜、ジャスミンなどなど。
一つひとつの苗木の特徴を教えていただきました。

土の量や、ポット苗から鉢へ定植する際のポイントを聞きながら
植え込みます。

次に手仕事の庭の野草、ワイルドストロベリー、すみれ、タマリュウ、苔などを
レイアウトして行きます。
アイビーやタイム、レモンバームを見つけた方も。
小石を敷くと、ぐっと引き締まって見えます。

楮の芯、小枝、松ぼっくりなどもレイアウトの材料に。
大野さんお手製のお家(らふと型!)と、
自分のお気に入りの飾りを合わせて出来上がり。

最後におひとりおひとり講評を。
それぞれの物語が聞けるのも、ワークショップならではですね。
お天気もよく、手仕事の庭で過ごすひとときをお楽しみいただけましたでしょうか。

このスモールガーデンは育てる庭。
苗や野草の生長はもちろん、土に眠る草の種もやがて芽吹いてくることでしょう。
スモールガーデン、手と時をかけて、大切な庭となりますように。

hakoniwa1
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

スモールガーデンを作ろう ご参加の皆様へ

gaellryらふとワークショップ
スモールガーデンを作ろう ご参加ご予約の皆様へ

4月27日(土)、大野八生さんによるワークショップ
『スモールガーデンを作ろう』を予定通りに実施いたします。

お気に入りの「飾り」も、ぜひお持ちください!

みどりの庭にて、お待ちしております。

尚、当ワークショップは定員に達しております。ご了承くださいませ。

グラノーラ3233
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

ふたつのグラノーラ 開催しました

菓子文化研究家、原亜樹子さんによるワークショップ
「ふたつのグラノーラ」を開催しました。

一つ目、オーブンを使うシンプルグラノーラ。

二つ目、フライパンで焼くスキレットグラノーラ。
スキレットグラノーラは、火の強弱や、火からおろすタイミングの見極めがポイント。
そのコツを教えていただきました。

どちらも、らふとのハーブ・ローズマリーとタイムが使われています。

 

焼き上げたグラノーラと、
ヨーグルト、フルーツ、ナッツやクランベリー、レモンカードと合わせて、
パフェ仕立てにアレンジします。



作り方も違えば、食感も違う、ふたつのグラノーラができました。

IMG_0030
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

ふたつのグラノーラ ご参加の皆様へ

gaellryらふとワークショップ
ふたつのグラノーラ ご参加ご予約の皆様へ

3月23日(土)、原亜樹子さんによるワークショップ
『ふたつのグラノーラ』を予定通りに実施いたします。

さくらの庭にて、お待ちしております。

IMG_5907
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

日々のアロマ ふゆ レポート

2/23(土)
アロマセラピスト 原真紀さんによるアロマワークショップを開催しました。
テーマは、冬に気になる乾燥ケア+風邪・花粉対策のアロマレッスンと、
アロマクリーム作りです。

講師の原真紀さんは、アロマセラピストとして医療機関やサロンでの芳香療法に携わり、
らふとでのワークショップは夏のアロマジェルとハンドトリートメントに続いて2回目、
ニッケ鎮守の杜の庭をお手入れくださる庭人さんでもあります。

まずはアロマテラピーの基本と、風邪対策編。
風邪予防や、花粉症の緩和におすすめの精油3種と利用法を教えていただきました。

利用法のひとつ、蒸気吸入の実践です。
カップにお湯を注いで精油を1〜2滴程たらし、目を閉じて蒸気を吸入します。
じんわりと香りを感じ、気持ちがほぐれて呼吸が楽になります。

そして、スキンケア編。
みつろう、シアバター、椿油、カレンデュラオイル、精油の説明へ。
肌をふっくらやわらかくする作用や、傷ついた肌を修復する作用が組み合わさって。

椿油はヤブツバキの種を圧搾して抽出した油。
手仕事の庭にもヤブツバキがあり、今ちょうど赤い花を咲かせています。
カレンデュラオイルは、
トウキンセンカ(マリーゴールド)をオイルに浸してエキスを抽出したもの。
黄金色がきれいです。
庭でも冬にカレンデュラの種まきをしました。

風邪対策編の精油と、スキンケア編の精油
全部で13種類の精油の香りとプロフィールを丁寧に教えていただきました。

「精油は本来、植物が自分のために作り出している揮発性の芳香物質。」
(日々のアロマ ワークショップテキストより)
その力を、私たちは分けてもらっているのですね。

香りをイメージしつつ、いよいよクリーム作りです。

レシピ分のみつろう、椿油、シアバター、カレンデュラオイルをとりわけてベースとします。

湯煎にかけて溶かします。

溶けたら瓶に移し、分離しない様によく混ぜます。

ぐるぐると、しっかりと。

ベースが落ち着いたら、紹介した精油の中から、
好みの香りや目的に合わせた数種類を加えます。
すぐにふわりと香りが立ち上がってくる精油もありますし、
時間が経ってから際立ってくる精油も。
仕上げにフローラルウォーターを加えて再びよく混ぜ、
自分だけのしっとりクリームの出来上がり。

終始、爽やかな香りが漂い、原さんがお話する声も柔らかく、
心地の良い空間でした。

自分の好みの香りや精油の特徴を知って、上手に暮らしに取り入れられると、
ほっとひと息つけて、前向きにもなれるように思います。
植物のパワーが詰まった精油は心強い味方ですね。


手仕事の庭は芽吹きの季節を迎え、
ハーブたちも小さな葉を香らせはじめました。