2017年10月の記事一覧

「作家紹介/工房からの風」New

02
director's voice | コメントをどうぞ

フクシマアズサさん

茨城県でホウキの原料、ホウキモロコシを、
種蒔きから畑で育て、収穫したその素材でホウキを編む若き女性、
フクシマアズサさんからのメッセージをご紹介しましょう。

Q1
フクシマアズサさんは「工房からの風」に、どのような作品を出品しますか?

A1
種から育てたほうきを出品します。

私の住むつくば市には、
明治中期からほうき作りが行われてきた地域があります。
私は、その地域のベテラン職人さんに教わった技術で、
原料の栽培からほうき作りを行っています。

01

今回出品するほうきたちは、
今年の春~夏にかけて育てたものです。
サイズは、小さなコーヒーブラシから、
卓上ほうき、片手ほうき、両手で掃ける大きなほうきまで。
原料のホウキモロコシは、
大きな穂から小さな穂まで色々な大きさのものが育つので、
草に合わせてほうきを作ろうとすると、様々な種類のほうきができていきます。

穂は夏の青いうちに収穫したものなので、とても柔らかく軽やか。
その掃き心地は、是非お手に取って、感じてみていただきたいと思います!

04

ひとりの作り手が素材から手掛けたホウキを使いことができるなんて、
現代の日本では夢のような出来事ですね。
そして、なんと美しい編み模様でしょう。
想い、哲学と実践されていることの素晴らしさが、
美しい形となって存在していること。
フクシマさんのお仕事は始まったばかりですが、
よい意味でマイペースに思うままに制作を続けていただきたいと願っています。

Q2
「工房からの風」への出展が決まった時、どのようなことを思いましたか?

A2
「登るべき頂を見つけた!」

「工房からの風」への出展が決まったときは、
上空の霧がすーっと晴れて、進んでいる先に高い高い山の頂上を発見した気分でした。

私は、ほうき職人を志して3年目になります。
1年目2年目は、師匠から技術を学びつつ、
小さな畑で実験的に栽培をしていました。

実家が農家なわけでもなく、資金があるわけでもなく。
地元から離れた場所で、アルバイトをやりながら、
一人で、ほうきをやろう!と決めて。
霧の中を、信じる気持ちだけを頼りに、
ほうき作りをものにすべく進んでいたと思います。

そして3年目の今年。
大きな畑を借りて、本格的に栽培をやると決めて、
その決意と共に「工房からの風」へ応募。

選考通過の通知は、進んできた道は間違っていなかったんだ!
と、これまでの日々が報われる気持ちでした。
同時に、絶対に失敗できない!
やるべきことは全部やろう!
なんとしてでも登り切る!
と、決意を新たにする瞬間でもあったと思います。

05

まあ、なんと大きなことを(笑
でも、ほんとうにそう思ってくださったんですねー。
ありがとうございます。
まずは、ここに向かって取り組まれ、ぜひこの場での新たな出会いをもって、
ホウキを作るお仕事の持つさまざまな可能性を育んでいってくださいね。

Q3
フクシマさんの「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

人の豊かさに尽きます。
ほうき作りの技術を教えてくれる師匠、
畑を貸してくれた地主さん、
声をかけてくれる方、応援してくださる方々。

今借りている畑は、
元アルバイト先で知り合った方が地主さんと繋いでくれて、借りることができた場所です。
地主さんもすごく優しくて、
「種まきいつやんだ?機械動かさねぇといかねぇからよ。うなってやっから」
と電話してくれたり、ちょくちょく見に来てくれたり。
畑の近所の方も、作業途中に声をかけてくださったり、
差し入れまで頂いてしまったり。

そんなふうに、気遣ってくれる方がすごく多いのが、私の住む街です。
私のほうき作りは、一人でやっているようで、
応援してくださる人たちの力あってのものだと思います。

03

それは一重にフクシマさんがよき人の輪を引き寄せているんですね。
そして、こんな風にがんばっている若い人がいたら、
応援したくなりますよね。

フクシマアズサさんの出展場所は、galleryらふとの前方。
時間があれば、ホウキ編みも実演されているかもですが、
ちょっと忙しくって難しいかもですね。
でも、いろいろなお話しぜひ、直接なさってみてください。
ホウキのヒキダシ?たくさんお持ちですから。

ホームページはこちらになります。
→ click

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
director's voice | コメントをどうぞ

小島亜伊 さん

大阪で七宝による制作を進める小島亜伊さんからのメッセージをご紹介します。

Q1
小島亜伊さんは「工房からの風」に、どのような作品を出品しますか?

A1
使いやすいネックレスやブローチを中心に、
コンセプトが面白いものなど色々な種類のものを用意しています。

七宝の持つ色をあえてくすませ、
本来はタブーとされる焼きムラや変色をあえて引き出し、
ツヤを消して質感を柔らかくしたもの等、
様々な角度から見たものを出品します。

FullSizeRender-1 (800x600)

新作のピンブローチは使わない時、
買って頂いた(プレゼントなら渡す時)時を意識して作ったシリーズを発表します。
シンプルだけど、だからこそ心や空間が潤うような
そんな気持ちのお手伝いがしたいと思い作っています。

いつも身に着けたいな、と思ってもらえるようなものから、
お守りのように側にいてほしいものまで
一点一点気持ちを込めて作ったものが並びます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

七宝、エナメル。
美しいお仕事ですね。
単一な表情ではなく、色がない混ざった独特の色合いが小島さんの七宝のひとつの特徴。
ぜひお手元でその表情をご覧になってみてください。

Q2
小島亜伊さんは「工房からの風」への出展が決まった時、
どのようなことを思いましたか?

ただただびっくりしました。
尊敬している作家さんが「工房からの風」に育てられた
と言っていたのを思い出して、
私も同じ舞台に立てるんだと嬉しさと緊張が一気に来たのを覚えています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

舞台!
まもなく始まりますね。

Q3
小島さんの「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

A3
この質問を頂きとても嬉しく思います、ありがとうございます。

私が住んでいる街、大阪は皆さんのイメージ通りいつも賑やかで活気のある街です。
その中でも、私の工房がある街から少し行くと
千林という下町情緒が今も続く大好きな商店街があります。
戦後焼けなかった長屋や、3代続くお店、銭湯、
昔の良きものが今もそこらじゅうにちらばり、
人と人とのふれあいがとても温かい街。

商店街を活性化させる為のプロジェクトにも参加させて頂き、
私の七宝でさらに千林商店街の魅力を知ってもらえたらと
2年前からワークショップも毎年開催しています。
遠方は名古屋からご参加頂いたり、
今後も私が出来るこの街との繋がり方をしていきたいと思っています。

私は人が好きなので、工房にこもってひたすら作るタイプではなく、
人との繋がりがあるから作れるのだと思います。

商店街とコラボレーションしたものもあり、
街の人の声をダイレクトに聞いて形にする、
1人では出来ないことも体験させて頂きました。
ただ好きで、もっといろんな方に来て頂きたい思いで
千林商店街マップを自費で作ったり、
完全なライフワークの1つ になっています。

この街と関わるようになり、
地域の繋がり方やこれからの生き方を意識するようになりました。

自慢できる事がありすぎてまとまらないのですが、
この街の温かさが自慢です。
顔と顔がつながり、そこから生まれる対話がとても面白い。
新しい文化も良いですが、
私は昔ながらのこの街にいつもエネルギーを貰い制作の肥やしにしています。

ヘアゴム (800x800)

熱い!ですねー(笑
小島さんの優しく明るい関西弁が聞こえてくるようです。
会場でもきっと楽しい会話が交わされることでしょうね。

小島亜伊さんの出展場所はコルトン広場、スペイン階段前。
ホームページはこちらです。
→ click

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

AppleMark
director's voice | コメントをどうぞ

比呂

間で陶芸をされる比呂さんからのメッセージをご紹介します。

Q1
比呂さん、「工房からの風」にはどのような作品を出品しますか?

A1
日常使いの食器を中心に、地元の赤い陶土を使った器を展示します。

tmaru

日々の暮らしの中で、ほんの少し自然を感じられるような、
花器・盆栽鉢などの小物も出品します。
シンプルで、飽きのこない、料理が映える器を心がけて制作しています。

button

土物を中心に、食の器、花の器が揃いますね。
盆栽鉢など、探している方、工房からの風ではいらっしゃいますね、きっと。

Q2
「工房からの風」への出展が決まった時、
比呂さんは、どのようなことを思いましたか?

A2
以前、「工房からの風」の展示を見に行ったときに、
木々に囲まれた中での展示が、
クラフト作家たちの小さな村を訪れたかのような雰囲気で、
素敵だなと思いました。

また、作り手さんたちの作品に対する思いが伝わる展示だな、
と思っていたので、出展が決まったときは、とても嬉しかったです。

今度は自分が、物作りに対する思いを伝えられるような展示が出来ればと思います。

AppleMark

『クラフト作家たちの小さな村』
は、企画者のイメージです。
感じ取ってくださって、こうして出展いただくことになって。
とっても嬉しいです。

Q3
比呂さんの「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

A3
私は現在、茨城県の笠間という、
小さな陶器の産地で作陶しています。
器づくりを自分の仕事にしたいと考え、
都内から初めて笠間に電車で来た時の、
窓から見た圧倒的な自然の緑の印象は、
今でも心に残っています。

そしてそんな自然豊かな中で生活している人々は、
大人も子供も、純粋で素朴な人たちです
自然を身近に感じながら、
その大切さ、心地よさを、日々実感しています。

tmarron

工藝好きの方なら、笠間に親しみを持つ方も多いですね。
産地ならではのものづくりの方々と自然が多い中で、
比呂さんの器が生まれてくるんですね。

比呂さんの出展場所は、「galleryらふと」と参道の脇の日本庭園調のスペース。
ホームページは、こちらになります。
→ click

AppleMark

1048 (800x600)
director's voice | コメントをどうぞ

石川恵美子さん

金属を素材に彫金の技法で作品を制作する
石川恵美子さんからのメッセージをご紹介します。

Q1
石川さんは「工房からの風」にどのような作品を出品しますか?

A1
金属を素材に、彫金の技法で、制作した作品を出品します。

錫(スズ)という金属の器・皿・小皿・箸置・茶托・1輪挿し・キャンドルスタンドや、
アクセサリー(真鍮・シルバーチョーカー、シルバーチェーンネックレス・ピアスなど)など様々な作品を制作していきます。

1057 (800x599)

作品は、自分の描いた形から、金属板を糸鋸で切断し、
ヤスリで整え、槌で曲げたり叩いたり、
鑞(ロウ)付け・溶接したり、鏨(タガネ)で彫りを入れたり、
模様を入れたりと1つ1つの工程を経て完成した作品です。

772 (800x600)

伝統のある街で、伝統的な仕事をきちんと身に付けられた石川さん。
金属ならではの表情を器などでぜひご覧になってみてください。

Q2
「工房からの風」への出展が決まった時、石川さんはどのようなことを思いましたか?

A2
今回、私は初出展となります。
私は住んでいる所も出身も北陸で、
「工房からの風」という、ちょっと離れた所にある関東方面での出展が決まった時に、
感謝の気持ちで一杯になりました。
作品が誰かに何処かに伝わっていることを実感した瞬間です。
そして微力ながら、がんばらねばと身を引き締めた想いも芽生えてきました。

267 (800x600)

出展が決まってから、いよいよですね。
この期間に創られたもの、やってくる二日間で感じたこと、
これからの糧になりますように。

Q3
石川さんの「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

A3
街の中に、芸術や文化を感じられる所が数多く点在し、
現在もなお進行形で、芸術・文化の発展に尽力しているところは、住んでいて実感します。
そこに住んでいる私も、芸術・文化の勉強になっていることを実感します。

1074 (800x600)

石川さんの工房名はスノーフレーク。
スズランスイセンのことでしょうか。
可憐な花の名と金属の美しさが響きあいます。

石川さんの出展場所は、コルトン広場、
スペイン階段前。
ホームページはこちらになります。
→ click

1048 (800x600)

IMG_5828 (600x800)
director's voice | コメントをどうぞ

ako hiroshige

手編みで帽子を制作をされる
ako hiroshigeさんからのメッセージをご紹介します。

Q1
「工房からの風」に、ako hiroshigeさんは
どのような作品を出品しますか?

A1
ヤクとキャメルの原毛の手紡ぎ糸で編んだ帽子とネックウォーマーを。

やわらかくてふんわりした素材が好き。
これまで色んな素材を織ったり編んだりしてきましたが、
数年前に和綿を知って糸紡ぎをはじめてから、
紡ぎの素材探しの中で出会ったのが、ヤクの原毛。
紡いでも編んでも優しく柔らかいまま、ずっと探していた感触。
手にしっくりと馴染んでくれて、心地よく仕事ができる素材です。

帽子を初めて編んだのは、スウェーデン留学中に最初の冬を迎えた時。
外の冷たい寒さに頭や耳が痛くて、今すぐ帽子が欲しい!
遠い町まで買いに出るよりそばにある毛糸で編んだ方が早いと、
クラスの友達に教わって編んだのがきっかけです。

実際は、編み上げるのに何週間もかかったので、
買いに行った方がきっと早かったのですが。
今は便利な世の中で
「普段の生活に必要なものを自分で作る」
というとてもシンプルなことを忘れがちですが、
異国の田舎暮らしではそれはごく自然なことで、
時間の流れもゆるやかで穏やかな日々でした。
帽子は、私の手仕事の原点を思い出させてくれる、
心温まるアイテムです。

IMG_5817 (595x800)

『ずっと探していた感触』である素材を用いて、
『手仕事の原点』である帽子を作る。
ako hiroshigeさんのお仕事には、喜びと確かさが詰まっていますね。

Q2
「工房からの風」への出展が決まった時、どのようなことを思いましたか?

A2
長年、自分探しをしながら制作を続けてきましたが、
表現方法も作るものも絶えず変化していたので、
なかなか自信が持てず一貫性もないように感じていました。

でもそうではなくて、
広いすそ野から自分なりのてっぺんへと登っていく道を、
長い時間かけて少しづつ進んでいるところなんだ、と思えました。
道に迷い遠回りをしながらも、その時々に感じることを大事にやって来てよかったと。

まだその道は続きますが、これからも自分自身と向き合って進んで行きたいです。

IMG_5819 (600x800)

『広いすそ野から自分なりのてっぺんへと登っていく道を、長い時間かけて少しづつ進んでいる』
という言葉は、よほど自分を見つめないと出てこないものですね。
見つめる時間もとても大切ですが、今回のように、
たくさんの方々の「手」や「想い」を感じながら、
ひたすら手を動かすこともako hiroshigeさんには必要な時間だったかもしれませんね。
案ずるより生むが易し、なんでもwelcomeになって、自信をもって開いてみる。
今展がそんな機会になったらよいですね。

Q3
ako hiroshigesさんの「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

A3
ステキなお店がたくさんある!

カフェ、ケーキ屋さん、パン屋さん、
定食屋さん、雑貨屋さんなど、どんな種類のお店でも、
しっかりした軸を持った人が経営するお店には、独特の魅力があります。

そのお店にあるモノや人が作り出す空気が心地よいと、
カラダの真ん中からじんわりとするような。
そんなほんわかした気持ちや元気をもらえる場所や人に出会ったとき、
この街に越してきてよかったなぁと思います。

田舎ではないけどちょっとゆったりめな街での日常、手仕事のある暮らし。
“今”を大切にしたいです。

IMG_5828 (600x800)

素敵な町ですね。
私はどこだか知っていますが(笑)、お書きになっていなかったので、
謎?なままにしておきますね。
関心のある方は、ぜひ直接会場でお尋ねになってみてください!

ako hiroshigeさんの出展場所は、galleryらふとの脇、
参道のほとり。
小さなニット帽子屋さんが森に出現!みたいな
絵本の中のような展開になったらいいですね。

ホームページはこちらになります。
→ click

DSC04534
director's voice | コメントをどうぞ

Lila’s Candle

草花の息吹きを感じる手仕事によるろうそく。
長野県で制作される
Lila’s Candle (リラズキャンドル)さんからのメッセージをご紹介します。

Q1
「工房からの風」にはどのような作品を出品しますか?

A1
豊かな四季の暮らしの中から生まれたキャンドルや、
素材(ロウ)をシンプルに生かして最良の燃焼を追求したキャンドルを出品します。

具体的には、
自分で栽培した草花をあしらったもの、
草花のカタチを表現したもの、
自然から感じ取った風景や現象をカタチにしたものなどです。

DSC05612 (2)

キャンドルに火を灯してから最後のあかりが消えるまで、
心に響くような光景が闇に広がり、
溶けて変化してゆく「時のカタチ」が美しく育つよう
心を込めて作っています。

DSC04250

草花が美しくろうそくの中にあるように。
こまやかな心遣いの上で制作されていることが伝わってくる作品ですね。
ろうそくは、時そのものをかたちにしていくもの。
ろうが時の中で創り出すカタチを愛でる喜び、愉しさ、ぜひ広がってほしいですね。

Q2
「工房からの風」への出展が決まった時、どのようなことを思いましたか?

A2
今まで支えてくださった人達の顔が次々と浮かび、
ものづくりを続けられてきたことへの感謝の気持ちで胸が熱くなりました。

出展に向けて、人の心に響くあかりを届けるために、
自分のできることを精一杯やろうと心に決めました。

DSC04290 (2)

なんだかオリンピックに出場するみたい?(笑
でも、その想いが制作の純度を一層高められたことと思います。

Q3
Lila’s Candle さんの「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

A3
豊かな緑、豊かな四季、高い山があることです。

私の工房は、リンゴ畑やモモ畑が広がる志賀高原のふもとにあります。
色んな山が近くや遠くに見えて、道を歩けば様々な植物に出会います。

私の工房から見える風景は、
四季折々、日々、私の心を豊かにしてくれます。
空の色、山の色、畑の変化、人や動物の暮らしの風景。

雪が解けて花が咲き、太陽が輝いて緑が萌える。
涼しい風が吹いて実がなり、葉が色付いて散ったら雪が降る。

こんな日々の暮らしが大切で、
私の作品づくりに大きく影響していると思います。

dm12

ええ、ほんとうにLila’s Candleさんのろうそくには、
自然の美しさが灯っています。
「工房からの風」では、ニッケ鎮守の杜、
galleryらふとの前方の木立の中で出展くださいます。

ホームページはこちらになります。
→ ckick

DP2Q0815
director's voice | コメントをどうぞ

古谷朱里さん

信楽で作陶される古谷朱里(あかり)さん。
二回目の出展となります。

Q1
古谷朱里さん、今回はどのような作品を出品されますか?

A1
ブルー、イエロー、グリーン、レッド、ホワイトの釉薬でピッチャーとマグカップ。
シンプルな形の碗、鉢。
リム皿、四角皿、タイル皿などを出展します。

DP2Q0815

DP2Q0824

釉薬の美しい色調ですね。
かたちも素朴で優雅。
使い続けるほどに愛着が増す器が揃いますね。

Q2
「工房からの風」への出展が決まった時、 どのようなことを思いましたか?

A2
この機会に、じっくり今までの制作を振り返ってみて、
新たな一歩につなげられるようになったらいいなと思いました。

DP2Q0811

前回の出展のあと、母となられた朱里さん。
制作に向ける想いや時間に変化があったことと思いますが、
作品群からは、とても漲る力を感じます。
見応え十分なブースになりそうですね。

Q3
古谷朱里さんの「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

A3
信楽はやきものの産地なので、うつわ、アート、プロダクト、
いろんなジャンルで陶器に関わる仲間がいて刺激し合えるのがいいところです。

DP2Q0821

私も30年来信楽を訪ねていますが、いつも若い作家が制作に励んでいらして、
新鮮な空気を感じます。
これから古谷さんたちが一番輝きだしていく時ですね。

古谷朱里さんの出展場所は、ニッケ鎮守の杜手前中ほど。
硝子のさこうゆうこさんの隣です。

オブジェ3
director's voice | コメントをどうぞ

uiny by nakamurayui

複数回出展の方々のご紹介を進めましょう。
前回は金属の装身具と服で出展くださった
uiny by nakamurayui、仲村ゆいさんです。

Q1
uiny by nakamurayuiさん、
今回はどのような作品を出品しますか?

カミツレリング

A1
月の満ち欠けや星等の天体モチーフ、
スパイスやハーブ、お野菜モチーフのシルバーのアクセサリーと、
真鍮と古いものや木や天然石を組み合わせた、
祈りをテーマにしたオヴジェを出品する予定です。

オブジェ1

金属を中心としたオヴジェの展開を新しくしてくださるのですね。

Q2
「工房からの風」への出展が決まった時、 どのようなことを思いましたか?

やったー!
素直にわーい!出れる‐!
と。

二度目の出展なのですが、
一度目より不思議な感覚でただどきどきするのではなく、
妙にそわそわして結果を気にしない様にしながら待っていました。
なので、選考結果の入った書類が届いた時に、
素直に嬉しい気持ちでその言葉が出てきました。

というのも、
今回出展したいと思ったのは、
一度目は装身具とその頃始めて間もない服を同時に出品させて貰って、
数年の間にありがたいこと に服の方の活動がとても広がりました。
ある程度その制作のペースにも慣れてきたときに、
やはり装身具、彫金の制作ももう少しウェイト増やしたいなぁと感じて。
その時に、前々からやってみたかったオブジェ制作をしようと思いつきました。

その作品たちをどこで見て貰ったら楽しく、嬉しい時間になるだろう?
そう考えた時に2013年に工房からの風に出展した時の風景を思い出して、
あの場所で見て貰いたい、そう思って応募しました。
なので、出展が決まって、
やった!素晴らしい場所でオブジェがお披露目できる!と。

今は制作のラストスパート時期で、
当初のその言葉より、ドキドキが強くなっていますが、それでもやっぱり楽しみです。
当日までの時間、
手にした 人が、目にした人が、
佳い気持ちになれる様なものを持って行けるよう楽しんで制作します。

カミツレイヤーカフ

新作発表、お披露目の機会を
工房からの風にしてくださってありがとうございます。
次の扉を開く時、次のステップに踏み出す時、
この場を想ってくださること、とてもうれしいです。
そのようなフレッシュな創造に満ちて、会場全体もキラキラしていくんですね。

Q3
uiny by nakamurayuiさんの「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

チョコレートが永遠の好物、というくらい大好きなのですが、
(好きすぎてcacaopodというチョコレートの原料の果実モチーフのアイテム制作するほど)
アトリエの近辺にbean to barのチョコレート屋さんが二軒もあることです。
一軒は歩いて二分もかからない場所。
一息入れたい時にそのお店におやつを買い行くのが楽しみの一つです。
たまの来客の時には一緒にお店に連れていくと皆さん喜んでくれるのもうれしいことのひとつです。

オブジェ4

bean to barのチョコレート屋さん。
増えたといっても二軒も近くにあるなんて。
ゆいさんの果実モチーフが引き寄せましたね。

uiny by nakamurayuiさんの出展場所は、
おりひめ神社、稲荷社を正面にした、
日本庭園風の空間。
前回とほぼ同じ空間で展開してくださいます。

ホームページはこちらになります。
→ click

オブジェ3

加藤キナ 工房からの風2017-1
director's voice | コメントをどうぞ

加藤キナさん

ご夫婦で革を使ってバッグや小物を制作する加藤キナさん。
(加藤キナ、というお名前がユニット名なのです)
二回目の出展。
前回からぐーーんと制作を深められての進化した展示が見られそうです。

Q1
加藤キナさん、「工房からの風」にはどのような作品を出品しますか?

A1
この数年、夢中になって取り組んで来た、
日本に生息する野生の鹿皮を素材とした作品を出品いたします。

江戸・明治期に制作された日本の袋物に関心を寄せている私たちにとって、
鹿革はとても馴染みの深い革です。
今でこそ、タンニン鞣しやクロム鞣しが日本に導入され、
扱われる革の多くは牛革や豚革になりましたが、
鎧や武具にみられるように、
古来の日本では、鹿革の文化が定着していました。

加藤キナ 工房からの風2017-4

毛がストローのような形状をした鹿毛は、
今も染色の道具として使われており、
しっかりとした毛穴を持つ鹿革は通気性に優れ、
湿度の高い日本には向いている革と言えるかもしれません。
その粘りのあるしなやかさ・軽やかさは、
牛革などとはまた違った魅力を具えています。

日本各地で捕獲駆除の対象にされている背景を持つ素材ですが、
こうして私達が活用することで、
日本の風土に適した用具や服飾品に生まれ変わり、
私たちの生活圏の中で、ごくごく身近なモノであり得たら‥
そのように希い、日々、この愛すべき素材と向き合っています。

加藤キナ 工房からの風2017-2

駆除され廃棄される鹿革を少しでも生かそうと取り組むおふたり。
現場にも足を運び、言葉の上だけではない心からの取り組みには驚かされます。
鹿革での制作が始まってから、一層おふたりのものづくりへの表情が輝きました。
今回の工房からの風では、今の精一杯のお仕事をたっぷり見せていただけそうです。
そう、この白い輪も、鹿の角を細工されて使われているんですよ。

Q2
「工房からの風」への出展が決まった時、どのようなことを思いましたか?

A2
ご恩返しがしたい。
という思いが、心にポンと浮かびました。

2014年に初出展をさせて頂いた時から、
継続してたくさんの経験を重ねさせていただいている「工房からの風」。
なすべき仕事に丁寧に向き合っていくことで、
作家としてだけでなく人間としても、少しずつ成長させて頂いています。

折しも、節目の時を迎えている私たち。
次の段階に踏み出すために、
この数年取り組んで来た仕事の集大成の場にしたい‥
そのように思っています。

加藤キナ 工房からの風2017-3

なんとまあ。。
ありがとうございます。

でも、おふたりの成長は、
出展後に出会えた作家の方々との交流を続けてこられたことも大きいと思います。
今回もぜひよい機会にしてくださいね。

Q3
加藤さんの「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

Q3
2人の意見が気持ちよく一致しました。

それは、自宅から私たちの工房までの通い道。
それぞれに好む道を持ち、夫はあの小径を、
私はその広場を、お気に入りの木々に挨拶をしながら通う道。
たっぷりと時間をかけ、たくさんのヒントを拾いながら歩くその道は、
私たちにとって「哲学の道」ならぬ「思考の道」。

古くからのお百姓さんである大家さんの畑が見える頃、
スゥーと南から乾いた風が運ばれて来て、私の肩を撫でていく。
衣のように感じる風の姿を、私は見、味わいながら歩をすすめる。

東京という地に住みながら、
草花や樹々に恵まれた場所で制作させていただいている喜び。
鳥や虫の音に耳を傾け、空気の中にその季節を知る。

世界から日々感じるものを、
私たちは自分の言葉に置き換え、翻訳し、形へと写してゆく。

その小さなちいさな宇宙の時間を、とても大切に思っています。

加藤キナ 工房からの風2017-5

ささやかなことにこそ、喜びが輝いている。
おふたりの日々の姿が、この丁寧なバッグや革小物の形そのものなんですね。
手仕事の作品ですから、どなたの作品も時間のかかるお仕事ですが、
とくにおふたりの制作は一点一点への比重が重く思います。
それでも十分に準備くださって、見応えたっぷりな構成になることと思います。

加藤キナさんの出展場所は、おりひめ神社の脇。
販売作品のほか、オヴジェの展示もありますので、
ぜひ、ゆっくりご覧ください。

フェイスブックページはこちらになります。
→ click

加藤キナ 工房からの風2017-1

キノコと蝶 (800x533)
director's voice | コメントをどうぞ

菊田佳代さん

愛らしい表情の器を続けてご紹介しましょう。
ガラスの菊田佳代さんです。

Q1
菊田佳代さん、「工房からの風」にはどのような作品を出品されますか?

A1
フュージング・スランピングの技法で制作をした、
藍色や紺色の絵付けの絵皿を中心に出品します。
一つ一つの作品に小さな物語を感じていただける様な作品を目指して制作しました。

船 ウサギ 洋ナシ (800x533)

絵皿は、幼い頃から身近に親しんできた
動植物などの自然をガラスの中に封じ込めたい
と思ったことがきっかけで創り始めたシリーズです。

今回は、暮らしの中にあるモチーフにも初挑戦しました。
また出展にあたり、オリジナルの詩と絵皿を一緒にご覧いただく作品も制作しました。
詩と組み合わせることで、
作品の世界観をより感じていただけるのではないかと思っています。

ワンピース 傘 (800x533)

菊田さんのガラスには、愛らしい絵のモチーフがいろいろ。
それが繊細な藍色系のシックな色合いで描かれています。
テーブルの上でもすっと馴染む美しい表情です。

Q2
「工房からの風」への出展が決まった時、
菊田さんはどのようなことを思いましたか?

A2
ホームページの作成を始めたり、
作品を知って頂けるように準備をしていた時期に出展が決まりました。

出展を通して沢山の方に作品をご覧頂けたらと思い、
とても期待が膨らんだ事を覚えています。

また、他の出展者の方々にお会いできる
ミーティングの機会があると伺っていましたので、
色々と学ばせて頂きたいと思いました。

鳥 (800x533)

出展作家同士の出会いは、これからが真骨頂!ですよ。
切磋琢磨し合える作家との出会いを育んでくださいね。

Q3
菊田さんの「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

A3
私は宮城県気仙沼市に住んでいます。

私が1番気仙沼らしいと感じて好きな風景は、
大島を背景にした気仙沼湾に漁船が停泊している風景です。
子供の頃、夏休みの宿題として写生をした思い出もある場所です。

海面に反射した光が真っ白な船体にキラキラ写り込む光景はとても綺麗です。
気仙沼は海だけでなく山にも囲まれており、
自然豊かな環境が街の魅力だと思います。

キノコと蝶 (800x533)

美しい景色は、今はすっかり戻ったのでしょうか。
菊田さんの自然を大切に想う気持ちが、
ガラスに描かれた絵から伝わってきますね。

菊田さんの出展場所は、コルトン広場、スペイン階段前。
ホームページはこちらになります。
→ click