2017年10月の記事一覧

「作家紹介/工房からの風」New

IMG_5183
director's voice | コメントをどうぞ

田井将博さん

今回も器などを制作する素晴らしい作家が集まりました。
陶器、ガラス器、木の器・・・。
ガラスの田井将博さんからのメッセージをご紹介します。

Q1
田井さんは「工房からの風」に、どのような作品を出品しますか?

A1
去年の後半からちょっと真面目に制作に打ち込もうと少し作風を変えたので
今一番力を入れて作っている輪花のシリーズの器を中心に持っていく予定です。

IMG_6415

器の縁に琥珀色のガラスを巻いたちょっとレトロで懐かしい感じの、
年中使ってもらえるような日常に取り入れやすい器です。
(と自負してるだけですが)

その他の物は会場でのお楽しみです。

IMG_6219

私たちのサイトにある「#工房からの風」を括るところで、
新作を発見! → click
うっとり・・・。
すてきですねー。

Q2
田井さんは「工房からの風」への出展が決まった時、どのようなことを思いましたか?

A2
届いた封筒を開けてみたとき一番に思ったのは、
千葉まで車か!マジか〜ちょっと遠いぞ運転していけるのか・・・です(笑)。

決まったときに思ったのは、
どんな作家さんたちと出会えるのだろうかという、わくわくドキドキです。

それと僕の器をどんな方が気に入って使ってくれるのだろうか、
もう既に使っていただいている方にも会場で
初めましてとお会いすることもあるかもしれませんし
これは楽しみで仕方ありません。

IMG_5183

田井さんはすでに関東での展覧会で作品発表もされていますので、
使い手の方々との出会いも楽しみですね。

Q3
田井さんの「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

A3
僕は今工房のある場所がとても好きです。
そんなに田舎ではないのですが、表も裏も田んぼに囲まれています。
春になれば、土筆が生え5月頃には田植えも始まり家の近くでは蛍も観れます。
夏の終わりにはヒグラシが鳴き始め秋の夜には鈴虫の鳴き声が聞こえます。
香川県は暖かなとこなので雪はあまり降りませんが・・・。

工房の隣が中学校で朝夕は登下校の子供達が通り賑やかです。
4月は初々しい新入生が真新しい学生鞄を持って歩いてたりしてなんだかほのぼのとします。

自然からも人からも五感で季節を感じながら生活できるこの環境がここちよく大切なものです。

IMG_6547

IMG_6481

『工房のある場所がとても好きです』
このシンプルなフレーズがとても好きです!
いいですね、そのような環境の中で生み出される作品。

IMG_6591

『これは頂き物のブロッコリー。旬のものもいただけますし。』
というキャプション付きで、この画像もくださいましたので、
共有しますね。

田井将博さんの出展場所は、手仕事の庭の花壇のほとり。
草花と光と美しいガラスが、今年ならではの光景を生み出すことでしょう。

ホームページはこちらです。
click

IMG_20170712_083951_258 (800x800)
director's voice | コメントをどうぞ

kielo*

ジャンルは素材の上から「布」としましたが、
装身具を制作するkielo*さんからのメッセージをご紹介します。

Q1
kielo*さんは「工房からの風」に、どのような作品を出品しますか?

A1
コットンの生地に、手刺繍でモチーフを表現したブローチを出品いたします。
日々の装いにさりげなく寄り添うようなブローチです。

IMG_20170908_083722_281

今回は 「風」 をテーマに自然の中で感じる光と空気、
植物や鳥のモチーフを主に出品いたします。

刺繍図案は、日々の生活の中で感じたことをスケッチしてデザインをしています。
その時に感じた瞬間のイメージを大切にしたくて、文章にも残しています。
その文章は物語のようなもので作品にも添えています。

IMG_20170721_080549_088

同系色での構成ですが、一点の中に細やかな手仕事が詰められていて、
奥行ある作品群ですね。
添えられる物語も楽しみです。

Q2
「工房からの風」への出展が決まった時、 どのようなことを思いましたか?

A2
まずは、とても嬉しくて飛び上がりました。
本当に信じられない!という気持ちが大きかったです。
毎年、見る側として工房からの風に来場しては、なんて素敵なイベントなんだろう、、と
いつか自分も出展することを目標にしていました。

工房からの風には、不思議なパワーのようなものを毎年感じていました。
それは、さまざまな作家さん達の思いの強さ、
その集合体からそう感じていたのかもしれません。

今年は15周年の節目とお聞きして、
この場で他の作家さん達と一緒に出展できることを幸せに感じ、
多くの方に作品を見て頂けるように努めたいと思いました。

IMG_20170826_110116_639

来場くださっていた方が、満を持して出展作家となる。
制作の時間、来場者として感じられた
さまざまな想いに励まされてこられたのではないでしょうか。
その実りとまもなく出会えますね。

Q3
あなたの「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

A3
千葉県我孫子市の自宅の一室を作業部屋にしています。

自宅から少し離れたのところに、手賀沼という水辺があります。
そこには沢山の野鳥が住んでいて、自然豊かな景色にいつもパワーをもらっています。

特に夕暮れの景色はキラキラと夕日に照らされた水辺が輝きを放ち、本当に素晴らしいです。
季節ごとに変わる植物や野鳥たちから、デザインのインスピレーションをもらうことも多くあります。

IMG_20170710_022826_043

日々触れる風景が作品にはきっと反映されますね。
細やかな手仕事のブローチが並ぶのは、コルトン広場スペイン階段前です。

kielo*さんのインスタグラムはこちらになります。
→ click

IMG_20170712_083951_258 (800x800)

maya5
director's voice | コメントをどうぞ

水野麻弥さん

しばらく木工作家からのメッセージが続きましたので、
別のジャンルから。
金工の水野麻弥さんからのメッセージをご紹介しましょう。

Q1
水野麻弥「工房からの風」に、どのような作品を出品しますか?

A1
動物をモチーフにしたジュエリーをメインに出品します。
シルバーの板を切り出して線を彫り、
ブローチやネックレスにしたものや、
それに石やパールを組み合わせた作品です。

maya4

ただ可愛らしいものではなく、動物の生きる力、
まっすぐで美しい姿を表現したいと思い、
一つ一つ制作しています。

動物モチーフのもの以外では、型を取り、
鋳造で制作した植物モチーフのネックレスやピアス、
石を使ったピンバッチやネックレスも出品する予定です。

maya1 (800x600)

動物の表情、石やパールの組み合わせ方、
水野さんならではの世界観、ぜひご覧ください。

Q2
「工房からの風」への出展が決まった時、
水野さんはどのようなことを思いましたか?

A2
チャンスだと思いました。
今までのわたしの活動はギャラリーでの個展が中心だったので、
どうしても作品を見て下さる方の数が限られています。
もっと多くの人に実際に作品を見てもらうにはどうしたらいいかなぁ、、
と考えていたので「工房からの風」への出展はとっても良いチャンスだと思っています。

maya3

Q3
水野さんの「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

A3
都会でもなく、すごく田舎でもなく、天気が良くて自然災害が少ないところです。
わたしの工房は岡山駅や繁華街にわりと近い場所にあるのですが、
近くに川が流れていたりしてノンビリした空気が漂っています。
高校生まではとくに地元が好きではなかったけど、
県外にも住んでみて戻って来て、気づいたら居心地の良い場所になっていました。

maya2

一度離れてみるとその良さに気づくことって、ありますね。
この一文からも工房のある街の空気感が何となく伝わってきて、
自然体でいられる日々の中で、
これらの作品が生まれてくるんだなぁと感じられました。

水野麻弥さんの出展場所は、ニッケ鎮守の杜。
ゲートから入って左側に折れて花壇の近くです。

ブログはこちらになります。
→ click

maya5

SDIM0619 (800x599)
director's voice | コメントをどうぞ

Laboratory・oto

木工の技術を生かして、異素材と組み合わせた制作を展開する作家、
Laboratory ・oto。
フレッシュな作り手からのメッセージをご紹介いたしましょう。

Q1
「工房からの風」には、どのような作品を出品しますか?

A1
木材と樹脂素材を用いた、ピアスやブローチ等のアクセサリー、
ドライフラワー(茎の細いもの)専用の花器を出品します。

SDIM0624 (800x600)

木工の技術を習得し、寄木細工も行いながら、
心の適う表現の方向にあった樹脂という素材。
出来合いのパーツではなく、
樹脂自体も試行錯誤を重ねながら
調合、制作を重ねてきた作者が創り出した作品群は、
とても新鮮な表情をしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Q2
「工房からの風」への出展が決まった時、どのようなことを思いましたか?

A2
実はこういった大きなイベントに今まで応募した事が無かったので、
応募する1ヶ月前まで応募するか迷っていたんです。

応募締め切りまで2週間を切った頃に都内で展示した時に、
前年度の工房からの風を見に行った際、
現地でばったり遭遇した知り合いの方が見に来てくれて、
作品の作りとかを見て、応募しなよと薦めてくれたんです。
それで自分の気持ちも固まり、応募しようと決心しました。

工房からの風には、毎年行っていたので、
この展示会がどういう目的で行われているのか、
それは自分なりに現地で感じ・理解していたつもりなので、
その思いを応募用紙に書き、写真を同封してすぐに投函しました。

選考通知の封筒が届いた時は、厚みがあったのでもしやと思って開けると、
中には出展の詳細が入っていて素直に嬉しく思いました。

あの時背中を押してくれなかったら応募していなかったかもしれないです。
回りの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

SDIM0598 (800x588)

初めての野外展が「工房からの風」というのは、きっといいと思います!
(そう思ってもらえるように企画していますから!!)

出会いの磁力を高めたい、と思っての運営なので、
本人がそう望めば、佳き出会いがじっくりと結ばれていくことと思います。
今まで、そうやってよき仕事、展開につなげた方がたくさんいらっしゃいますから。

もっとも、もちろん全員ではありませんね。
出たから必ず授かるものではなくって、自らが磨いていかねばなのですが。
あ、あたりまえでしたね(笑

Q3
「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

A3
私の作業場から5分ほど歩くと、見渡す限りの美しい田園風景が広がっています。
高い建物が一切無いので、夕方にはとても綺麗な夕焼けが見れます。
特に稲刈りの始まる少し前には夕日に照らされる稲穂と夕日が相まってとても綺麗です。

時より休憩がてらそれを見に行って、写真を撮ったりボーッとしたり。
幼少期から東京都内で過ごしていた事もあってか、
この環境に今とても魅力を感じています。

ものを作りながら親しんだ風景が心の中の大切な風景となっていく。
「工房からの風」での二日間も、
Laboratory ・otoさんの心の風景に重なっていきますように。

Laboratory ・otoさんの出展場所は、おりひめ神社鳥居の近く。
ホームページはこちらになります。
→ click

SDIM0619 (800x599)

IMG_8586_800
director's voice | コメントをどうぞ

田澤祐介さん

木にまつわる仕事で出展くださる作家は8名。
その中で複数回の出展者は2名いらっしゃいます。

「工房からの風」では、出展するとその後二年は応募がいただけません。
けれど、ぜひ、ふたたび、みたび、出展してほしいと願っています。
工藝の仕事は、ぱっと世に出る瞬発力よりも、
継続する力が大切だと思っています。
継続力って、瞬発力より地味ですものね。
でも、その地味なところを丁寧に行い、
ちゃんとそこに目を向けられるような
「工房からの風」でありたいと思っています。

と、いうことで、今回から、応募を二回方式にしたのでした。
継続中の作家は、作品展の予定も早く決まっていきますから。
一次は年内に来年度の出展を決定いたしますから、
複数回での出展をご検討の方、ぜひご検討くださいね。
(詳細は、今展終了後にこのブログに掲載します)

:::

と、複数回出展も歓迎!の記事が長くなってすみません。
確かな技術のある田澤祐介さんからのメッセージをご紹介します。

Q1
田澤さんは「工房からの風」に、どのような作品を出品くださいますか?

A1
私は木工をしていて、
最近は小物、特にうつわ関係の仕事が多いですが、
守備範囲としては道具や家具まで広く手掛けています。
今回は道具的な物を見て頂けたらと考えて、
木製の自在鉤とそこへ掛ける花器や、
分解可能なタオルラック、
A4サイズが納められる内箱付きの文箱や、
底板に彫りを施した角盆などを形にしたので、
そういった物を中心に見て頂けたらと思っています。

IMG_8251_800

また、最近よく手掛けているうつわ関係も、
トレーや漆を塗った丸盆や鉢、それに片口などの酒器を用意したので、
そういった物も見て頂けたらと思っています。

IMG_8479_800

凛とした美しい佇まいですね。
写真もとってもきれいで、周辺の空気が清らかになるような。

Q2
田澤さんは「工房からの風」への出展が決まった時、
どのようなことを思いましたか?

A2
今回が2回目の出展なのですが、
自分の中でついこの間と思っていた前回は、
2010年でもう7年も前になります。
1回目の時とはまた違う緊張感を感じながらの応募でしたので、
結果を聞いてかなりホッとしました。

というのも、前回、一緒だった仲間の何人かからは、
「2回目だからといってなかなか容易ではないよ、」
ということも聞いていたので。

1回目を踏まえた上で2回目としてどんなことが出来るのか?
という事を考えながら応募した結果として今回の出展が叶ったので、
今できる範囲で出来るだけを形にして、
それを見て頂けたらと思っています。

IMG_8919_800

わ、そうだったんですね、すみません、、
というか、ありがとうございます。

出展経験のある方からの選考も毎回まっさらな気持ちで行います。
どのような進化があるのか、再度出展する意味がどこにあるのか、
そして、展覧会全体のバランスももちろん考えます。
同様なお仕事に感じられた場合は、
初めての応募の方にチャンスの扉を開きたいという想いもあります。
けれど、もし選考不通過の結果をお出ししても、
それはタイミングでのことが多いと思いますので、
ご縁が切れたように思われず、
機が熟した時にぜひあらためてご応募いただきたいと思います。

田澤さんは今回、機が熟されたんですね!

IMG_8724_800

Q3
あなたの「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

工房は神奈川県の海老名という所にあります。
ここ数年、
駅周辺は開発が進んでいて、
大きなショッピングセンターやマンションが出来ていますが、
工房の周りには田畑も残っています。
空気が澄んでいると、
その田畑と東名高速道路越しにみえる東丹沢の大山、
そしてその横に見える富士山が好きです。
富士山の方へ向かって落ちていく夕日を見たり、
富士山に雪が積もって増えていったり、
溶けて減っていく様子を見ながら季節を感じています。

田澤さんの工房名は「Think!Forest森想木工舎」。
富士山を仰ぐ海老名の工房で、
森を想いながらのものづくりが続けられていくのですね。

田澤祐介さんの出展場所は、ニッケ鎮守の杜。

ホームページはこちらになります。
→ click

IMG_8586_800

フレル2
director's voice | コメントをどうぞ

フレル

引き続き木工作家の方からのメッセージをご紹介します。
岡山県の最北東端、兵庫県・鳥取県に隣接する西粟倉村から出展くださる山田哲也さん。
フレル、という工房名で出展くださいます。

Q1
「工房からの風」にはどのような作品を出品しますか?

A1
木製のカトラリー、器を中心としたテーブルウェアを出品いたします。

フレル4

日々の料理と、食卓に並ぶ他の器たちを下支えするような道具。
素材である「樹」と同様に、日々の生活に根を張り、常に使い手と共にあるものを
目指して制作した作品にふれていただければと思います。

フレル1

Q2
「工房からの風」への出展が決まった時、どのようなことを思いましたか?

A1
作ることを「仕事」としている以上、作る機会を得ないことには作り続けることはできません。
今回、出展が決まったことで、新たに作る機会をいただけたことを素直に喜ぶことができました。

フレル5

Q3
「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてくださいますか。

A2
私が住んでいる岡山県西粟倉村は、人口約1,500人の小さな村です。
この中国山脈の山あいでは、ものづくりを生業とするために移り住む人、
この村で育ち大工や林業に携わる人など、高い技術を持った作り手が、
それぞれ刺激しあいながら、日々仕事をしています。

周囲にあるのは、山、川、田畑。
一見するとのんびりした田舎の風景ですが、作り手同士が刺激を与え合い、
時には共にもの作りを行う日常があるこの地は、より良いものを産み出す
ためにとても適した環境だと感じています。

フレル3

「フレル」とは、山田さんとパートナーの西原貴美の仕事の名前。
西原さんは 「素晴らしい生産者さんたちの美味しい素材たちを、
野山を駆け回ってい た鹿や猪たちを、一番美味しいと思える形で、
心を込めて紹介していきます。」と、フレル食堂を西粟倉村に開いています。

山田さんが作り出す木の生活道具も、
手ごたえ豊かな日々の暮らしと共にあるものなのですね。
それはきっと静かで、躍動感があって、五感が喜ぶいきいきとした暮らしなのだと思います。

そして「フレル」も、前号の「nice things」に掲載されていましたね。
お手元にある方、ぜひご一読ください。

フレル の出展場所は、ニッケ鎮守の杜。
ゲートを入って右手の桜の木の下です。

ホームページはこちらになります。
→ click

フレル2

DSC00813 (800x496)
director's voice | コメントをどうぞ

DOUBLE=DOUBLE FURNITURE

今年の「工房からの風」。
特に木工の優れた作家が揃いました。
木の仕事は色合いにそう違いはないので
一見違いが伝わりにくいかもしれませんが、
それぞれの作家ごとに、目指しているものが異なり、
技法や制作アイテムもいろいろです。
じっくり巡回してみていただけたらと思います。

まず、おひとり目はDOUBLE=DOUBLE FURNITUREさん。
酒井航さんが展開している工房名です。

Q1
DOUBLE=DOUBLE FURNITUREさんは、
「工房からの風」に、どのような作品を出品しますか?

A1
・縞黒檀という硬質な木材から削り出したカトラリーを。

とても硬い縞黒檀という黒い木材を削り出したスプーン、フォーク、ナイフです。
いわゆる木工のカトラリーとはまた佇まいが異なる上質な雰囲気に仕上がっています。

DSC00838 (800x450)

・セラミックの佇まいを感じるような繊細なディテールの器

メープルという白い材を削りだして作る器です。
細かくディテールを表現し、ガッシリ、ほっこりした木製器とは違う、
華奢感のようなことを表現した器です。
磁器の器をイメージしながらデザインしています。

DSC00854 (800x508)

・染を施した、親しみやすい形ですが木では新感覚な新作ウッドカップ

どこか見たことのあるとても親しみやすい形を木で表現しました。
木製のコップは軽く、飲み物の口当たりがとても柔らかく感じることができます。
水、お酒、珈琲など様々な飲料はもちろんですが、
蕎麦ちょこのような器としての使用もご提案したいです。

DSC00832 (800x505)

・アンティークのアイロン台からインスピレーションを受けデザイン制作した新作折り畳みテーブル

もともと自身の遠方での展示用にと考えだしたのが
きっかけで生まれた折り畳みテーブルです。
アンティークのアイロン台の佇まいがとても魅力的で、
その雰囲気をとても意識してデザイン制作しました。

遠方に送ることが展示什器としての課題だったことから、
折りたたむと通常宅配の160サイズ以内に収まり
遠方へも通常便で送れるサイズです。

室内の飾り台としてや、アウトドアでの活用等にぜひ一般のお客様に見ていただきたいとともに、
さらにはギャラリーの方、ショップの方などいわゆる展示のプロの方にもお店の什器としても観ていただきたいです。

DSC00815 (800x477)

・ほかにもバリエーションを準備予定です。

DOUBLE=DOUBLE FURNITUREさん、とても丁寧に作品紹介ありがとうございます。
どれもが作者の明確なコンセプトに基づいていて、
それを実現させるために、素材や技術と真剣に向き合った実りを感じさせますね。

特に、折り畳みテーブルは、
今年度の高岡クラフトコンペティションで入賞(高橋俊宏賞)を受賞したばかりの逸品。
click

このテーブル、お持ち帰りもコンパクトな梱包をご用意くださっていますから、
お車の方はその日に。
宅配便をご希望の方は、当日ブースで手続きいただけます。

:::

Q2
DOUBLE=DOUBLE FURNITUREさん、
「工房からの風」への出展が決まった時、どのようなことを思いましたか?

A2
一人で黙々と作業しているときに通知を受け取ったのですが、
思わず「よっしゃー!!」って叫んでしまいました。

福岡の田舎で普段は製作しているので、
本展のような全国から選ばれて集う展示会に出展できることに喜びと期待が大きく、
この機会を大切に大きく成長したいと思いました。
他の出展者のレベルの高い仕事を身近で拝見できることもとても楽しみにしています。

ちょうど、自分の中でも自身の仕事に対し新たな気持ち
(デザイン的なことや、作り方も含めた表現)が
感じ始めていたタイミングでの本展への応募でした。

今まで製作してきたモノとはいろいろな視点で見つめ直し、
あらたな表現をこれからの自分の軸となるようにしていきたいを思っていたので、
この機会を生かし自信をもって進んでいきたいと思います。

:::

Q3
DOUBLE=DOUBLE FURNITUREさんの「工房」のある街の好きなものやところ、
自慢できること大切に思っていることひとつ教えてください。

A3
私が製作をしている工房がある町は、
福岡の西方にある「糸島」という町です。
近年、いろいろなメディア等にも着目していただいているようです。

福岡はもともと町と、山と、海とが立地的にもとても近い存在にある県です。
その中で、糸島は福岡の中央部まで電車で40分くらいという距離でありながら、
自然が豊かな環境があり、その中で日々製作できることがとても心地よいのです。

さらに、環境からか人の繋がりもとても濃く、
ネットワークとして横のつながりがたくさん出来、
自分と同じようなクラフトなどの作り手や、
農産、畜産、海産などの生産者とのつながりもありとても刺激があります。

自分と同じようにこの環境、立地に惹かれて集まったクラフトマンは恐らく100を超え、
その点もお互い刺激し合いいい館系なのではないかと感じています。

福岡は食がとてもおいしいとご評判いただいており、
糸島も食の生産者によりとてもおいしいものがたくさんあります。
近年は関東など全国から訪ねてくださる方が多くとても誇らしく思います。

DSC00813 (800x496)

:::

福岡から市川へ。
距離は遠く離れていても、「工房からの風」という展覧会を励みに思ってくださり、
こうしてはるばるやってきてくださること。
ほんとうにうれしいことですし、
こういうことのためにこの野外展を続けてきたのだとあらためて思ったのでした。

そうそう、DOUBLE=DOUBLE FURNITUREさん、
「&Premium」 と「nice things」という私も必ず読む雑誌の最新号に作品掲載もされています。
まさに風に乗っているお仕事ぶりですね。

DOUBLE=DOUBLE FURNITUREさんの出展場所は、手仕事の庭、花壇のほとり。
トキニワカフェの脇になります。

ホームページはこちらです。
→ click

14328817_864489437017528_1943937558_n
director's voice | コメントをどうぞ

デモンストレーション

ものづくりの制作公開、今年も行います。

民具の扉・コルトン広場
◆ 吉田慎司 10:30~11:30 『らふと産ほうき制作中!』 
 ♪ニッケ鎮守の杜、手仕事の庭で育てた「ほうききび」。
  5年分以上をためて、ようやくほうきに!
  この会場で吉田さんに編んでもらえてうれしいのです♪

galleryrらふとデッキ・ニッケ鎮守の杜
◆ 勢司恵美 10:00~10:45 『真竹のひご作り』
かっこいいですよー、職人技もくもくと。
  時々、にかっと面白いこと言ってくれますし。

男たちの仕事場・ニッケ鎮守の杜 おりひめ神社奥
◆ 服部謙二郎 11:00~16:00の間 随時 『織りなす響き』

_0026116

実はここに公開用ではなかったのですが、素敵なスケッチ送っていただいていました。

14328817_864489437017528_1943937558_n

おりひめ神社の周りの木立で、こんな光景が出現する予定。
ひめ、じゃないんですけど。
男たちの仕事場、なんですけど。

◆ 羽生直記  11:00~15:00の間 随時 『いちにちでひとつのフライパンづくり』

dsc_0342-536x800

wqimg_3877-533x800

一日かけて、ひとつのフライパンを作る工程を公開してくれます。
かぶりつきの方、きっと現れますね!

◆ 藤武秀幸  12:30~14:30の間 随時 『古い事務椅子を張替える』

%e5%bc%b5%e6%9b%bf%e3%81%88%e5%89%8d
張替前
%e5%bc%b5%e6%9b%bf%e3%81%88%e5%be%8c
張替後

椅子張り職人の技、今年も公開です。

*表記時間内にも一時休止の場合があります。
詳しくは該当ブースでお尋ねください。

dav
director's voice | コメントをどうぞ

ワークショップ・素材の学校

今年もやってきました、「素材の学校」
お子様向けに継続しているワークショッププログラムです。
未来の作り手、よき使い手へ。
好評につき!今年は2クラス(2テント)に増えました。

対象:小学生以上のお子様
中学生未満のお子様は、必ず保護者同伴でのご参加をお願いいたします。
○お並びいただく場合は、お一人につきご参加もお一人分とさせていただきます。
(例:お母様1名につき、お子様1名)
○お申し込みは、それぞれ実施するテントで30分前から受け付けます。

:::
1組(テント1)
○ 革の時間
  TETOTE 『革のレモンチャーム』  
10:00~11:00 定員各15名様 ¥800

img_3835

○ 金属の時間
  Anima uni 『銅と真鍮の型押し小皿を作ろう』
11:30~12:30 定員各10名様 ¥1,000

ws2016forkids02_1000px

○ 綿の時間
  磯敦子 『綿の実を作ろう』
13:00~14:00 定員各10名様 ¥1,200

141016a-800x600

○ 竹の時間
  勢司恵美 『竹を切ってペン立てを作ろう』
14:30~15:30 定員各20名様 ¥800

2組(テント2)
○ 綿の時間
  磯 敦子 『綿の実を作ろう』
  10:30~11:30 定員各10名様 ¥1,200

○ 箒 の時間 
  吉田慎司 『ミニほうきを作ろう』
12:00~13:00 定員各5名様 ¥2,000

ws%e7%94%a8%e8%b1%86%e7%ae%92%e3%80%80-800x642

○ 木の時間
菅原わかこ 『鉄媒染で描く組立式の家』
13:30~14:30 定員各10名様 ¥1,000

dav

dav

○ 紙の時間
森 友見子 『再生紙で作るカラフルモビール』
15:00~16:00 定員各10名様 ¥1,500

_dsc6028-537x800

studio-fujino01
director's voice | 1件のコメント

studio fujinoさん(木工)

出展作家ご紹介のトリは、studio fujinoさんです。
神奈川県藤野町制作をされています。

Q
studio fujinoさんは「工房からの風」に、どのような作品をお持ちくださいますか?

A
2013年に出展させていただいた際には、
箱や花器など比較的小さな作品を出させて頂きましたが、
今回は家具を中心に持って行きたいと思っています。

展示会に家具を出す機会はほとんどないので、
初めての試みで楽しみです。

studio-fujino01

樹木特有の表情をこよなく愛するstudio fujinoの藤崎均さん。
日本の伝統的な技術と7年間を過ごしたミラノで培ったセンスを響かせて、
独自のものづくりをなさいます。

期間限定で開いている藤野町にある
藤崎さんのgallery&cafeで出会ったテーブル。
シンプルながら独特のライン、存在感に圧倒されて、
藤崎さんの作る家具の美しさを想いました。

今回はその家具が中心ということで、とても楽しみにしているのです。

Q
studio fujinoさんにとって「工房からの風」は、
どのような風でしょうか?

A
長年、木工に携わって来て、新しい道に促してくれる春風のような。

studio-fujino02

日本の建具、木工芸の基本を身に付けられた後、
2001年にイタリアに渡られ、ミラノに工房を構えた藤崎さん。
特注家具を製作する傍らエンツォ・マーリ氏をはじめとする
力のあるデザイナーたちのプロトタイプの製作も手がけてこられました。
デザインと技術ともに豊かな力をもつ藤崎さんに、
ますます新鮮な木工の世界を見せてほしいと思っています。

Q
studio fujinoさんのお名前、あるいは工房名についての由来、
またはエピソードを教えてくださいますか?


2007年に帰国する際に、移住地として選んだ藤野町。
多くの作家やアーティストが移住して来る町です。

2010年に合併して「藤野町」の名前はなくなってしまいました。
ちょうど、その少し前に屋号を考えていたタイミングだったので、
町の名前が残ると良いなとと、名前を拝借させていただいています。

今でも、旧藤野町では、多くの作家さんが元気に活動しています。

studio-fujino03

優秀なグラフィックデザイナーでもある裕子夫人とともに、
新たな地元となった旧藤野町での活動も精力的に展開する
studio fujinoさん。
これからの作家活動と共に、ギャラリーなどでの活動からも目が離せません。

studio fujinoさんの出展場所は、おりひめ神社の奥。
陶芸の瀬川辰馬さんの隣になります。

ホームページはこちらになります。
→ click