作成者別アーカイブ: director

_MG_9023
庭日誌 | コメントをどうぞ

八重桜、ぽんぽん

_MG_9017

今日の庭作業。
八重桜の花摘みをしました。

_MG_9024

塩漬けが毎年の定番です。
刻んでアイスクリームに混ぜ込むとぜっぴん!なのです。

niji2052
庭日誌 | コメントをどうぞ

2021年度 庭人さんを募集します

ニッケ鎮守の杜では、
2021年5月から一年間ご一緒いただく庭人さんを募集します。
現在の庭人さんで継続くださる方の他に、新規で5名程度。

・近隣にお住まいで、45歳くらいまでの方。

・耕し、種まき、草むしり、水撒き、土木作業、収穫…。
一年を通じて週に一度(主に月、木、土)半日のお手伝いをしてくださる方。

・夏は週に一度、夕方の水撒き当番が出来る方。

・連絡をメール(携帯可)で取れる方。

・庭作業、初心者の方を希望します。

HPお問い合わせフォームから庭人希望として、お問い合わせください。
4月末日まで募集しています。

IMG_8332

6月には梅の実の収穫をしましょう。

IMG_8331

梅干しや梅シロップづくりに。

niji2052

_MG_9450

ラベンダー摘みも初夏の庭しごとのひとつ。

_MG_8052

kyukon13

種をまき、苗を植えたり、球根を植えたり。
小さな種や苗から芽を出し、花が咲いたときの喜びはひとしおです。

_MG_8084

年末には庭の松などを束ねてお正月飾りをつくっています。

IMG_7418 (800x518)

2009年からガーデナー・イラストレーターの大野八生さんに
ガーデンデザインに入っていただいています。
月に3回ほど、大野さんも庭作業にいらっしゃいます。

庭づくりを通して、植物と親しむ楽しみをご一緒できましたら。
ご応募をお待ちしております。

_MG_8930
庭日誌 | コメントをどうぞ

TULIP! TULIP!

秋から冬にかけてたくさんたくさん植えたチューリップが、
春のよろこびをいろどっています。

_MG_8915

_MG_8932

_MG_8930

_MG_8935

_MG_8879

_MG_8907

こちらは原種のチューリップ。
年明けに植えてまだ咲いていない種類もありますから、ゆっくり楽しめそうです。

_MG_8937
庭日誌 | コメントをどうぞ

桜のリレー

_MG_8937

4月3日の桜。
満開はすぎましたが、ひらひら花吹雪の美しさに息をのみます。
変わらず季節が巡ってきてくれたことにも胸がいっぱいに。
昨年の今頃は休園していたのでした。

_MG_8944

花壇にこぼれる花びら。
ワイルドストロベリーも咲いてきました。

_MG_8945

_MG_8924

3月なかばにたてた畝にも花の雪はやさしく降り注ぎ。

_MG_8909

ソメイヨシノの次のお楽しみは八重桜。
早くもぼんぼりのような花がひらきはじめました。

sakura0318_8496
庭日誌 | コメントをどうぞ

桜ちらほら

sakura0318_8496

ニッケ鎮守の杜、桜ちらほら、ほころびはじめました。

8346
庭日誌 | コメントをどうぞ

本日13日のお庭

庭人の皆様

おはようございます。
本日は雨天のためお休みとさせていただきます。

ご予定くださっていた庭人さん、ありがとうございました。
また晴れの日のご参加お待ちしております。

ひと雨、ひと雨、春に近づいていますね。

_MG_8397
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

オンラインワークショップ:Ohama 手縫いでつくる革のスクエアトレー

3月のらふとのご案内です。

上質な革を用いて、持つ人に寄りそう革バッグや革小物を制作する
Ohamaさんによるオンラインワークショップを開催します。

_MG_8393

テーマは、部屋にあったら嬉しい革小物。
アクセサリーや腕時計、鍵などを置くトレーを革でつくってみませんか。

今回は、Ohamaさんがこの会のためにご用意くださるキットをお届けし、
皆様のご自宅からリアルタイムでZoomにアクセスいただき、
画面を見ながら一緒に手を動かしていただく会になります。

_MG_8402

3/28(日)『手縫いでつくる革のスクエアトレー』
講師 Ohama
第1回 10:30〜12:00 第2回 13:30〜15:00
定員 各回5名様
参加費 4000円+送料

お申し込み専用URL : https://nooto.thebase.in

《キット 内容》
・スクエアトレー用の革
・縫い糸(白)
・縫い針
・革磨き剤
・布(革を磨く際に使用します)

《サイズ》
約 10cm×10cm 高さ約 2.5cm

《革について》
革の種類:プエブロ
革の色:イエロー/タバコ/オリーバ
3色から1色をお選びいただきます。お申し込み時にご記入ください。

_MG_8413mo

《ご自宅でご用意いただくもの》
・お持ちの方は木工用ボンド(100円ショップのものなどで十分です)

《オンライン開催》
この回はオンラインミーティングシステムZoomでのご参加が必須となります。
アクセス方法などもナビゲートしますので、Zoomが初めての方もご安心ください。
また今回は、皆様のお手元を見せていただくため、画面をオンにしてのご参加をお願いいたします。

_MG_8400

一本の針でかがり縫いをしていきます。
内側の縫い目がクロスになるのもチャームポイントに。


○ ご利用のメールアドレスについて、
ドメイン指定受信などの設定をなさっている方は、
ドメイン名〈@thebase.in〉〈@ntp.nikke.co.jp〉からのメールが受信できるように
設定をお願いいたします。
配送のお知らせと、Zoomへのご参加詳細のご案内をお送りします。

○ お申し込み時の決済となります。
クレジットカード、銀行振り込み、コンビニ払いなどがご利用いただけます。
※銀行振り込み、コンビニ払いなど各種手数料はご負担をお願いいたします。

○ 配送でのお届け&オンラインですので、ご遠方にお住まいの方もこの機会にぜひ!
尚、BOXは3/27(土)着でのお届けとさせていただきます。


お問い合わせ先:galleryらふと
047-370-2244

_MG_8320
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

レポート:キッチンで楽しむ染色−コブナグサ

2月28日、よく晴れた日、染織作家 RIRI TEXTILEさんをお迎えして、
「キッチンで楽しむ染色BOX−コブナグサ」をお選びいただいた方へ向けての
オンラインデモンストレーションを配信しました。

_MG_8310

はじまり、はじまり。
まずは道具の説明と、染色のきほん、素材や染料について、
オリジナルテキストに添ってレクチャーを。

_MG_8322

コブナグサは生でも乾燥でもよく染まる植物です。
RIRI TEXTILEさんも、「コブナグサは、とても優秀な植物です」と!

_MG_8323

鍋にコブナグサと水を入れ、火にかけて、染液をつくります。
この時の、ホクホクとした草の香りもよいものです。

_MG_8352

ざるで漉した染液を鍋に戻し、煮ながら染めます。
染める布は、RIRI TEXTILEさんがご用意くださったリネンストール。

_MG_8354

植物染めでは、染料の色素の定着と発色をさせる工程である「媒染」が入ります。
今回はキッチンで安心して使える、みょうばんでの媒染。

_MG_8327

みょうばんを熱湯で溶かして媒染液をつくります。透明になったら溶けた合図。

_MG_8350

媒染も、ご自宅にあるバケツや洗面器で。

_MG_8344

媒染のあとに染液に戻すと、ぱっと鮮やかに発色していきます。
ご自宅でゆっくりお時間をとっていただける方は、
お好みの濃さになるまで、染め、媒染、染め、と繰り返してみてくださいね。

レモンイエローのストールをまとって、明るい春を!

_MG_8337

これまでに手仕事の庭の植物で染めた糸や布のお話しも。

_MG_8341

奥はアップルミント染めの媒染違い、
手前右から、コブナグサ染め、ハーブブーケ染め(レモングラス、ローズマリー、マリーゴールド 、ミントなど)、梅染め。

RIRI TEXTILEさんの手を通してあらわれる、
手仕事の庭の植物がひめていたうつくしい色たち。

ハーブブーケ染めの様子は、工房からの風YouTubeチャンネルでも公開しています。
RIRI TEXTILEさんの映像はこちら
ぜひご覧ください。

コブナグサ

手仕事の庭のコブナグサ。
2006年に種まきをして以来、毎年種をつないでいます。
春に芽を出し、夏から秋にふさふさと葉を茂らせ、その葉を束ねて乾燥させています。
手仕事の庭にいらっしゃったら、観察なさってみてください。
秋の終わりに出る小さな紫の穂もきれいです。

次回のBOXワークショップは3月28日(日)、
革作家Ohamaさんによる、「手縫いでつくる革のスクエアトレー」を開きます。
こちらはZoomの画面をご覧いただきながら、一緒に手を動かしていただく会になります。
まもなく募集開始いたします。皆様ぜひご予定ください!

IMG_4882
director's voice | コメントをどうぞ

今年度の予定

2月も半ばが過ぎました。
ニッケ鎮守の杜の梅も満開を過ぎた感じです。
春は確実に歩んでいますね。

今年度「工房からの風」は、10月最終週の30日31日の土日での開催を目指しております。

但し、緊急事態宣言下の中ですので、公募開始を見合わせております。
4月もしくは5月には公募公開できることを願っております。

コロナ禍の収束を願いつつ、日々庭のこと、企画のこと、進めております。
皆様もどうぞお健やかに春の日をお過ごしください。

IMG_4882

IMG_4880

P1000671
ワークショップ/らふと | コメントをどうぞ

キッチンで楽しむ染色BOX−コブナグサ

12月からスタートしましたBOXワークショップ。
離れていても「つくる時間」を皆様と共有することができ、嬉しく思っております。

2月のBOXはこちら!
RIRI TEXTILE × galleryらふと
『キッチンで楽しむ染色BOX−コブナグサ』です。

P1000665

ニッケ鎮守の杜・手仕事の庭で育つコブナグサ。
煮出して出会える色は、元気をくれる鮮やかなレモンイエロー。
このイエローをまとって明るい気持ちで春をお迎えいただけたらと、
染織作家 RIRI TEXTILEさんにお力をいただいて、
ご家庭のキッチンでお楽しみいただける染色キットをお届けします。

P1000693

【BOX 内容】
・手仕事の庭のドライコブナグサ  50g
・染め布  ミニストール  約68cm×90cm  リネン100%  1枚
・媒染用  みょうばん  5g
・コブナグサ染めを楽しむ手引き
・手仕事の庭のハーブミックス  1袋

4000円+送料  10箱限定 → sold out

お申し込み専用URL : https://nooto.thebase.in

○ お申し込み時の決済となります。
クレジットカード、銀行振り込み、コンビニ払いなどがご利用いただけます。
※銀行振り込み、コンビニ払いなど各種手数料はご負担をお願いいたします。

○ キットについて
手引き(テキスト)を見ながらご自宅で染めていただくためのキットです。
煮出し→染め→媒染→染めの手順で、作業時間はおよそ2.5H〜3Hほどとなります。
煮出している時のホクホクとした草の香りもよいものです。

器具などは各自ご用意をお願いいたします。

《ご自宅でご用意いただくもの》
・鍋(容量 3~4L 程度)
・ポリバケツ、または、洗面器(容量 3~4L 程度) 1~2個
・ボウル(口径15cm前後)
・ざる(あれば大きめのもの)
・菜箸、スプーン
・厚手のゴム手袋

※鍋やざる、ボウルなどは、ステンレス、またはホーロー製のものをご用意ください。
※大きな鍋がない場合は、コブナグサを2~3回分に小分けにして、
それぞれ煮出したものを合わせてもOKです。

○ ミニストールについて
RIRI TEXTILEさんが植物染め用に下処理してくださったものをお送りします。
使うほどにやわらかくなるリネン生地です。

○ 手仕事の庭のハーブミックス
ハーブを浮かべたハンドバスやフットバス、ポプリなどにどうぞ。

○ 配送でのお届け&オンラインですので、ご遠方にお住まいの方もこの機会にぜひ!
尚、BOXは2/27(土)着でのお届けとさせていただきます。
それ以降をご希望の場合は、オプションのオンライン配信には参加できません。

【無料オプション:オンライン配信について】
2/28(日)オンラインミーティングシステムZoomにて、
RIRI TEXTILE 和泉綾子さんのお話とデモンストレーションなどを配信します。
これまでに手仕事の庭の植物で染められた糸や作品なども見せていただく予定です。
第1回:11:00〜11:45 第2回:13:00〜13:45
詳しくは、ご参加決定の皆様へご案内いたします。

○ Zoomをご覧にならなくても染色はしていただけますが、
ライブデモンストレーションならではのポイントをお伝えする機会にもなりますので、
可能な方はぜひご参加をおすすめします。
アクセス方法などもナビゲートしますのでZoomが初めての方もご安心ください。
○ 社会状況を鑑み配信が中止となる場合もございます。予めご了承ください。


お問い合わせ先:galleryらふと
047-370-2244

1 2 3 4 5 6 145